W杯は惨敗路線も…乾貴士が見せた“小さな光明”【河治良幸】

2018/06/09 16:00

 ワールドカップの初戦まで2週間を切った。日本代表はFIFAランク6位のスイスとアウェーで対戦したが、守護神ヤン・ゾマーなど主力の一部を休ませた相手に0-2で完敗した。西野朗監督は決め手などの課題を挙げつつもポジティブな見解を示しているが、実際は一朝一夕で改善しにくい問題がいくつも露呈しており、このまま普通に“精度”や“質”を高めるといった方向性では本大会での惨敗は目に見えている。

あわせて読みたい

  • 日本代表の「高い修正力」 数的優位生かした西野監督の戦術的狙い【河治良幸】

    日本代表の「高い修正力」 数的優位生かした西野監督の戦術的狙い【河治良幸】

    dot.

    6/21

    香川真司がベルギー撃破のカギ…GLで光った攻守での貢献【河治良幸】

    香川真司がベルギー撃破のカギ…GLで光った攻守での貢献【河治良幸】

    dot.

    6/30

  • 香川真司、パラグアイ戦で示した10番の存在感【河治良幸】

    香川真司、パラグアイ戦で示した10番の存在感【河治良幸】

    dot.

    6/13

    乾、柴崎、原口…ベルギー戦「電撃先制ゴール」が“4年後の躍進”につながる【河治良幸】

    乾、柴崎、原口…ベルギー戦「電撃先制ゴール」が“4年後の躍進”につながる【河治良幸】

    dot.

    7/3

  • 大迫勇也でも難関…セネガル戦は武藤嘉紀の機動力を活用せよ【河治良幸】

    大迫勇也でも難関…セネガル戦は武藤嘉紀の機動力を活用せよ【河治良幸】

    dot.

    6/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す