役所広司はなぜ「ビール俳優」になったのか? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

役所広司はなぜ「ビール俳優」になったのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
今市新之助dot.

役所広司 (c)朝日新聞社

役所広司 (c)朝日新聞社

 役所広司(62)が今春からアサヒビールの新商品「アサヒ グランマイルド」のテレビCMに出演している。矢野顕子が歌うBGMに乗って、瑛太とともにソファで真面目に談笑したり、じゃれあったりする姿が映し出される。瑛太との初共演や、大貫妙子の楽曲を矢野顕子がカバーしたことで、注目が集まっている格好だ。

【ビールのCMといえば、この人も!】

 しかし、それ以上に業界関係者の注目を集めているのが、役所の「ビール俳優」という側面だ。役所といえばこれまで、サッポロビール「ヱビスビール」やキリンビール「一番搾り」のCMに出演してきた。一番搾りのCMには2000年、2014年と2回出演。広告業界きっての“ビール俳優”といえるだろう。

「同業他社のCMに出ると批判が起きるタレントもいるなか、役所は別格。あの眼力と顔力はインパクトがあるので、企業側としても『やっぱりビールならこの人』となるのでしょう。それぞれのビールのCMも役柄や演じ方が違う、工夫されているので視聴者も気にならないのでしょう。またこれまでスキャンダルなどもなく、安心して起用できる“キレイ”な俳優というところもポイントだと思います」(芸能リポーターの川内天子氏)

 一方、CM業界ではどう見られているのか。関係者の一人は言う。

「ビール人口が多い日本において、そのCMといえば各企業の顔となります。それを3社にまたがって起用される人は実は珍しい。役所さんの場合、ビールのCMの契約が切れたら、別のメーカーからのオファーが来ると行った状態です。しかもサントリーのウイスキーのCMにもでていたので、4大酒造会社を制覇していることにもなりますよね。ちなみに、瑛太さんもキリンビールのCMにいくつか出演してきたので、“次世代のビール俳優”といえるかもしれません」(CMディレクター) 

 酒造会社のCMはシリーズで続くことも多く、一度ヒットすると何度も同じ人にオファーが来ることも多いようだ。確かに、イチロー(44)や福山雅治(49)、檀れい(46)などのCMは印象に残ってる人も多いかもしれない。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい