「上司という言葉を消す」今どきの若手を“適応障害”にしない職場とは?

ヘルス

2018/05/07 07:00

「こんな所では成長できない」と上司に心を閉ざし、指示待ち族になってしまう。理想に燃えて社会人デビューしたが、会社の実情とのギャップに直面して立ちすくむ。仕事の細分化、仕組み化が進む職場で、仕事へのモチベーションが高まらない――。せっかく入った会社にうまく適応できず、早々に退職したり、精神を病んだりする新入・若手社員が目立つようになってきている。

あわせて読みたい

  • 五月病だけでなく、六月病も 産業医が語る新人のメンタル対策

    五月病だけでなく、六月病も 産業医が語る新人のメンタル対策

    dot.

    5/18

    「休めないなら辞めます」イマドキ20代が余暇を優先する理由

    「休めないなら辞めます」イマドキ20代が余暇を優先する理由

    週刊朝日

    6/5

  • 売り手市場で若手社員が“社二病”に…イタい実態と改善策は?

    売り手市場で若手社員が“社二病”に…イタい実態と改善策は?

    週刊朝日

    5/24

    「職場の飲み会文化が理解できない」と嘆く28歳女性に鴻上尚史がひもとく「中年おじさんの快感という既得権益」
    筆者の顔写真

    鴻上尚史

    「職場の飲み会文化が理解できない」と嘆く28歳女性に鴻上尚史がひもとく「中年おじさんの快感という既得権益」

    dot.

    11/3

  • 過酷電通に奪われた命、女性新入社員が過労自殺するまで

    過酷電通に奪われた命、女性新入社員が過労自殺するまで

    AERA

    10/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す