日本人の20人に1人は「隠れアスペ」? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本人の20人に1人は「隠れアスペ」?

このエントリーをはてなブックマークに追加
伊藤あゆみdot.#ヘルス

実は「隠れアスペルガー」かも(※写真はイメージ)

実は「隠れアスペルガー」かも(※写真はイメージ)

「アスペルガー」というと、どんな人をイメージするだろうか? アスペルガー症候群に関するメディア情報が増えつつある昨今、「空気が読めない」「コミュニケーションが苦手」「一つの物事に異常にこだわる」という典型例はよく知られるようになった。周りから浮いている同僚や上司、あるいは話が通じない家族のことを、「もしかしたらアスペかも……?」と思ったことがある人もいるだろう。

 しかし、そう思ったあなたも、実は「隠れアスペルガー」かもしれない。発達障害カウンセラーの吉濱ツトム氏はこう言う。

「アスペルガーと診断されるほどではないけれど、明らかにアスペの症状がある。そんなグレーゾーンに位置する人、いわば『隠れアスペルガー』で苦しんでいる人は、真性のアスペルガーよりはるかに多く存在します」

 WHOの分類によれば、アスペルガー症候群は自閉症と同じ「広汎性発達障害」の一種。広汎性発達障害とは、「コミュニケーションの障害」「対人関係・社会性の障害」「パターン化した行動、興味・関心のかたより」がある脳の器質的障害だ。このうち言語障害と知能の遅れがないものをアスペルガー症候群と呼んでいる。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい