染谷将太が驚いたチェン・カイコー監督の食事会とは? (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

染谷将太が驚いたチェン・カイコー監督の食事会とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
染谷将太(そめたに・しょうた)/1992年9月3日生まれ。7歳から子役として活動をはじめ、映画、ドラマに多数出演。高い演技力は国内外で評価が高く、2011年『ヒミズ』でヴェネツィア国際映画祭で最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を日本人としてはじめて受賞した(撮影/岡田晃奈)

染谷将太(そめたに・しょうた)/1992年9月3日生まれ。7歳から子役として活動をはじめ、映画、ドラマに多数出演。高い演技力は国内外で評価が高く、2011年『ヒミズ』でヴェネツィア国際映画祭で最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を日本人としてはじめて受賞した(撮影/岡田晃奈)

 1200年以上前、遣唐使として中国・唐へ渡った若き天才僧侶・空海が都で起こる怪事件の謎に迫る映画『空海―KU-KAI―美しき王妃の謎』で、主人公の空海を演じた染谷将太さんに、映画の魅力と撮影の裏話をお聞きしました。

*  *  *
――初めてオファーを受けたときのお気持ちは?

 企画の存在は知っていましたが、自分にオファーがあると思っていなかったので驚きました。主演した映画『寄生獣』を、チェン・カイコー監督が気に入ってくださったようです。

 共演者に日本人がいない環境で5カ月暮らすというのも、あまり不安には感じませんでしたね。撮影というのは、行っちゃえば終わるものなので。それより光栄でしたし、やるしかないなと。

 白楽天役のホアン・シュアンさんが相棒役で、本当に長い時間一緒にいたんですが、彼がすごくジェントルで、いろんな部分でサポートしてくださり、すごく助かりました。彼がいなかったら撮影を乗り切れなかったと思います。周囲に自然に気を使うことが出来る方で、ホテルの部屋に入ったらワインが届いていたんですよ。イタリア人じゃないんだからっていう、でもそういうことをサラリと出来る方なんです。お互い文化が違うからこそ、お互い分かりあおうとして、より深くなれた感じでしたね。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい