東大卒ママがイラつく“昭和男”が作った「あたし おかあさんだから」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東大卒ママがイラつく“昭和男”が作った「あたし おかあさんだから」

連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの ただいま子育て猛勉強中!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山奈津子dot.#出産と子育て#教育#東大

杉山奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など(写真/本人提供)

杉山奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など(写真/本人提供)

大炎上した曲「あたし おかあさんだから」。自分の「イラつきポイント」を明らかにして改善するために活用できるかもしれない (※写真はイメージ)

大炎上した曲「あたし おかあさんだから」。自分の「イラつきポイント」を明らかにして改善するために活用できるかもしれない (※写真はイメージ)

 うつ病を克服し、偏差値29から東大に合格。ベストセラー『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』の著者・杉山奈津子さんが、今や3歳児母。日々子育てに奮闘する中で見えてきた“なっちゃん流教育論”をお届けします。

*  *  *
 NHKのうたのお兄さんを務めていた、だいすけお兄さんの(歌うはずだった)曲「あたし おかあさんだから」が、ネットを中心に大炎上しました。

 歌詞をご存じない方のために、長いので意訳して紹介しますと「私は、子どもを産む前、頑張って痩せて、買い物してオシャレして、働いて、自分のことばかり考えていた。だけど、子どもを産んでからは生活が一変。自分のことは全部やめて、子どものことばっかりになった。外見は動きやすい服装を選び、爪は短くして、朝は早く5時に起きるし、嫌なことも我慢して頑張り、食事もテレビも子どもに合わせてる。素敵なお母さんになろうって努力してる。そういう生活してるけど、あなたに会えたから、お母さんになれてよかった!」という感じです。

 言っていることは、わりと日本的な「子育てに奮闘するお母さん」に当てはまっていると思います。私だって、息子がいるから出かけるのが難しくなったし、かなりの時間を子どもに割くようになったことは事実です。ではなぜ、こんなに炎上してしまったのでしょうか。

 個々による「この曲が嫌いな理由」は、ネットを探せば山ほど出てくると思います。例えば、この歌には、子どもを生む前に働いていたことに対して「立派に働けるって強がってた」という表現があります。この点はまさに、女性からしてみれば「誰が強がりで働くんだよ」「お金がないと生活できないから働くんだよ」と文句を言いたくなる部分でしょう。私も「強がって」「立派に」働くという言葉選びに、女性が軽視されていると感じました。

 あと、そんなお母さんのとてつもない苦労を歌うのがお兄さんという点に違和感を覚えます。さらにそれを強めるのが、歌詞を書いた絵本作家、のぶみさんも男であるという点です。多分、これが「おれ おとうさんだから」という曲だったら、早起きしてご飯をつくるイクメン促進の歌で好評価だったのではないかと思います。産んだのは母親でも、父親の子どもでもあるわけですから、男なのに育児して偉いねというのも、そろそろ時代錯誤ですが。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   出産と子育て , 教育 , 東大 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加