実は盛り上がっていない開催国の韓国 平昌五輪に無関心な若者が多い理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

実は盛り上がっていない開催国の韓国 平昌五輪に無関心な若者が多い理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中将介dot.#平昌五輪
ソウル市内で生活の改善を訴える大学生たち。(撮影・田中将介)

ソウル市内で生活の改善を訴える大学生たち。(撮影・田中将介)

コシウォン内部の写真。大学生2人が座ってギリギリの狭さ(韓国の大学生提供)

コシウォン内部の写真。大学生2人が座ってギリギリの狭さ(韓国の大学生提供)

 平昌五輪での連日のメダルラッシュに沸く日本だが、開催国の韓国では五輪に対し、無関心な若者が多いという。

【写真】牢屋の半分以下? 若者がよく借りるという住居「コシウォン」の内部

「自分たちが生きていくのに必死です。オリンピックには何も期待していません。自分たちの生活が良くなることはないですから」

 平昌五輪開催中のソウル市内を歩くと、こんな声が聞こえてきた。

 氷点下の気温の中、大学生の若者たちが暮らしの改善を求め、外に立ち続けていた。韓国社会では若者を取り巻く環境が深刻化し、テレビ局や新聞社もこぞってこの問題を取り上げるという。ソウルの大学に通う女子大生はこういう。

「オリンピックに興味がないのは、現地の寒さやネットで見れるという理由もありますが、そもそも、チケットや宿泊費に払うお金がない人が多いです」

 超競争社会の韓国で顕著なのは受験戦争だ。無事、潜り抜けて一流大学に入学しても待っているのは、さらなる競争社会である。前出の女子大生はこう危機感を募らせる。

「今は、TOEICや資格の勉強、インターンなど、就職活動前にどれだけ自分の経験を積めるかしか考えていません。韓国では、普通の生活ができることが幸せで、その生活を手に入れるためには、とにかく青春を勉強に捧げます」

 韓国の大学生らによると、大学の寮に入れるのは、延世大学など有名大学の留学生、成績優秀者ら一部だけという。

「成績が悪い学生は自分たちで生活をなんとかしなければいけません。しかし、裕福とは言えない若者が入居できる住居は限られ、コシウォン(考試院)で生活する人は一人暮らしの大学生の約30%にものぼります。日本の大学生はアパートを借りるのが普通ですが、韓国では保証金が高く、アパートの一室を借りることさえハードルは高いです」。(同前)

 コシウォンは1部屋2畳前後の小さな部屋で、元々は、大学や公務員の受験生向けであったが、現在は、地方から出てきた若者が借りることが一般化している。そのため、「家賃は6万円、長期契約ですが、今は空きがありません」(コシウォンのオーナー)という状況であった。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい