ぬか床で…二階堂ふみ、個性派女優の"意外な私生活” (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ぬか床で…二階堂ふみ、個性派女優の"意外な私生活”

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.
二階堂ふみ (C)朝日新聞社

二階堂ふみ (C)朝日新聞社

「シリコンスチーマーを買って温野菜を作ったり、ぬか床を始め、きゅうりやカブを漬けているとインタビューで語っています。さらに、仕事が忙しくない時はダイエットも兼ねて自炊。ファッションについても、古着を好み私服が個性的な二階堂ですが、祖母から『体の冷えには気をつけなさい』と言われていたそうで、冷え対策は万全だとか。特に、下着は素材や触り心地を重視して購入しているそうです」

 ファッションだけでなく、昨年、突然髪の毛の色をピンクに変えるなど個性的なヘアスタイルも注目を集めたが、「ぬか床」「冷え対策」など私生活では地味な部分もあるようだ。

「最近は生活のリズムが夜型から朝型に変わり、健康的な生活を送っているそうです。食事も肉から魚や野菜中心となり、同時に好きな男性のタイプまで変化。夜型だった頃は不良っぽい男性が好みだったのが、今はマイルドな男性も好きだと語っていました。そんな普通の感覚も持っている二階堂は、個性的な佇まいが評価されがちですが、一方で浮世離れしていない部分もあるからこそ、若手ながら映画やドラマと引っ張りだこなのでしょう」(前出のスポーツ紙記者)

 一見、不思議系だが、実は地に足が着いていた二階堂ふみ。今後も大活躍することは間違いなさそうだ。(ライター・丸山ひろし)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい