天下のジャニーズが写真ネット解禁へ舵を切った裏事情 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天下のジャニーズが写真ネット解禁へ舵を切った裏事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
三杉武dot.
ジャニーズを退所したことで、写真のネット使用がOKになった香取慎吾さん (c)朝日新聞社

ジャニーズを退所したことで、写真のネット使用がOKになった香取慎吾さん (c)朝日新聞社

「ジャニーズ事務所」が1月31日、所属タレントの会見写真などをウェブニュースに掲載することを解禁した。

 同事務所は、これまでタレントの肖像権保護の観点などから、所属タレントの写真のインターネット上での掲載を制限してきたが、今回、「写真は原則3カットまで」「3カットには弊社タレント肖像のみならず、弊社タレントと他社所属タレント様の合同での写真を含む」などの制限はあるものの、記者会見、囲み取材、舞台挨拶などタレント登壇時の写真のウェブニュースでの使用を許可する見解を示した。

 そして、今月1日に映画「羊の木」の会見に出席した「関ジャニ∞」の錦戸亮が、解禁第1号となった。

 かつては、他の芸能事務所も所属タレントのネット上での写真使用に関してはNGや使用期間を定めるなどさまざまな制限を設けていたが、スマートフォンの普及をはじめとするネット環境の広がりといった時代の流れもあり、徐々に緩和されていた。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい