岩下志麻さんが「一生忘れられない」と語る『草燃える』秘話

連載「大河ドラマ誕生55周年の秘話」

大河ドラマ誕生55周年の秘話

植草信和

2017/12/03 16:00

 「草燃える」の特徴のひとつとして、大河では初めてすべてのセリフを現代語口調にしたことが上げられる(例えば政子のセリフの「死んだ方がましなんです」というように)。最初は視聴者を戸惑わせたが徐々に浸透し、これ以降の大河ドラマでは現代語口調の作品が増加していく。

「現代語口調のセリフはとても良かったですね。今私たちが使っている言葉ですから、役に入りやすかったという記憶があります」

 スタッフや共演者については、「プロデューサーの斎藤暁さん、演出の大原誠さん、共演の石坂さん、郷ひろみさん、松平健さん、皆さん全力投球していて素晴らしかったです。『亡き殿が遺された鎌倉を守るために、私なりに必死にやってきたけど気が付くと私にはもう誰もいない』、というのが政子の最後のセリフなんですが、言い終わって楽屋に戻ったときは全身から力が抜けて立っていられませんでした。掛け持ちをせずに政子だけと向き合ってきた一年間でしたから。それは私にとって一生忘れられない体験でした」。

「草燃える」はNHKインターナショナルを通じてロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨークでも放送された初めての大河ドラマで、のちに「将軍」という大ヒットドラマ誕生のきっかけになった日本ドラマとしても記憶されている。(植草信和)

植草信和

植草信和

植草信和(うえくさ・のぶかず)/1949年、千葉県市川市生まれ。キネマ旬報社に入社し、1991年に同誌編集長。退社後2006年、映画製作・配給会社「太秦株式会社」設立。現在は非常勤顧問。

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2 3

あわせて読みたい

  • 「小池栄子さんの政子、素敵です」“先輩”岩下志麻が語る「鎌倉殿の13人」

    「小池栄子さんの政子、素敵です」“先輩”岩下志麻が語る「鎌倉殿の13人」

    週刊朝日

    5/23

    20th Centuryが「週刊朝日」の表紙&カラーグラビアに登場!「V6があって今のトニセンが存在する」

    20th Centuryが「週刊朝日」の表紙&カラーグラビアに登場!「V6があって今のトニセンが存在する」

    5/17

  • 大河ドラマの主役「北条義時」の素顔とは? その実力としたたかさ

    大河ドラマの主役「北条義時」の素顔とは? その実力としたたかさ

    AERA

    1/9

    大河「鎌倉殿の13人」で描かれる源頼朝と鶴岡八幡宮の深いつながりとは
    筆者の顔写真

    鈴子

    大河「鎌倉殿の13人」で描かれる源頼朝と鶴岡八幡宮の深いつながりとは

    dot.

    1/29

  • 大河「鎌倉殿の13人」で描かれる鎌倉時代に神社が作られ続けた理由とは
    筆者の顔写真

    鈴子

    大河「鎌倉殿の13人」で描かれる鎌倉時代に神社が作られ続けた理由とは

    dot.

    7/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す