高齢者ホーム「姉妹入居」がトレンド! うまくいくコツをプロが伝授 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高齢者ホーム「姉妹入居」がトレンド! うまくいくコツをプロが伝授

このエントリーをはてなブックマークに追加
姉妹で一緒にホームを選んでみよう(イラスト/市川彰子)

姉妹で一緒にホームを選んでみよう(イラスト/市川彰子)

 高齢者ホームで暮らせば何かと安心だが、知り合いもいないところへ一人で入居するのは心細いもの。そんな不安を解消する「姉妹入居」が注目を集めている。発売中の週刊朝日ムック「高齢者ホーム 2018」では、イマドキの入居事情を聞いた。

*  *  *
 高齢者の住まいの相談に応じる米沢なな子さんは、

「ここ数年は姉妹でホームに入居するケースが増えています」

と話す。結婚をしなかったり、夫と離別や死別したりして、それぞれ一人住まいをしている姉妹が、老後は一緒にホームで過ごしたいと相談に来ることが多い。長年自宅に姉妹で同居していて、自分たちの加齢や親が亡くなったのを機にホームに住み替えを希望するケースもある。

 姉妹なら身内の安心感に加えて、何かあったときは頼ることができる。互いの性格などをよく知っているので気兼ねなく暮らせるなど、メリットは大きい。

「ただし、『兄弟で』という相談は受けたことがありません。女性のほうが長生きという理由だけでなく、『女性同士で助け合って暮らす』という考え方を持っているのでしょう。男性同士では、あまりそういう思いが生まれないのかもしれませんね(笑)」(米沢さん)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい