【ドラフト展望】広島 投手に安定感がある若手が少ない 弱点を埋めるには… (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト展望】広島 投手に安定感がある若手が少ない 弱点を埋めるには…

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
青藍泰斗・石川は広陵・中村が取れなかった時に外れ1位で指名したい (c)朝日新聞社

青藍泰斗・石川は広陵・中村が取れなかった時に外れ1位で指名したい (c)朝日新聞社

【おすすめ選手・その3】
本田仁海:星槎国際 投手 181cm 75kg 右投左打

 高校生投手で石川とともにおすすめしたいのが本田だ。まだまだ細身だが、いかにも投手らしい体形で、長いリーチを柔らかく使える腕の振りは一級品。コンスタントに140キロ以上をマークするストレートの勢いは出色で、春の神奈川県大会では新興チームをベスト4に導く活躍を見せた。コントロールや走者を背負ってからのピッチングには不安があり、プロで活躍するにはクリアしないといけない課題は多いが、投手としてのセンスは高く、将来のローテーション候補として期待できる素材だ。

【おすすめ選手・その4】
比嘉賢伸:盛岡大付 遊撃手 180cm 81kg 右投左打

 高校球界では屈指の強打のショートであり、菊池涼介、田中広輔の後釜候補として獲得したい選手だ。守備は少し雑な面はあるものの、グラブさばきが巧みでランニングスローを軽くこなすセンスが光る。バッティングはまだまだ粗さが残るものの、とにかく強く振れることが長所。体勢を崩されても外野の頭を越えるパワーがあり、夏の甲子園でも見事な一発を放った。体の強さとプレーのスピードがあるのがいかにも広島のチームカラーに合っており、二軍でしっかり鍛えたい選手である。

【おすすめ選手・その5】
永井敦士:二松学舎大付 外野手 178cm 91kg 右投右打

 鈴木誠也の下の世代に選手がいない外野手には、同じ高校の後輩でもある永井を推薦したい。たくましい体格のパワーヒッターだが、ホームランバッターというよりは中距離打者タイプ。粗さは残るものの意外な器用さがあり、夏の甲子園でも1試合5安打をマークした。そして打撃以上に魅力なのがその脚力。機動力を重視するチームのスタイルにもマッチすることは間違いないだろう。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい