「ダウン症のイケメン」あべけん太 亡き母に今でも「パンツねえぞ!」

朝日新聞出版の本

2017/10/26 16:00

 あべけん太さんは、自称小栗旬似の「ダウン症のイケメン」だ。IT企業の総務部で、週5日、9時から5時まで働くサラリーマンでありながら、最近はテレビやイベントに出演する機会も増えている。底抜けに明るいけん太さんだが、2011年に大好きだったお母さんを事故で亡くしている。初の著書『今日も一日、楽しかった』では、お母さんのこと、家族のこと、職場のこと、彼女のこと、障害者という言葉のこと……さまざまな思いを記した。あべけん太という「ダウン症のイケメン」の正体に迫る。

あわせて読みたい

  • タレント・あべけん太が自分を「ダウン症のイケメン」と呼ぶ理由

    タレント・あべけん太が自分を「ダウン症のイケメン」と呼ぶ理由

    dot.

    10/29

    カンニングさん「障害は利用していい」とアドバイス あべけん太君は「新垣結衣と『恋ダンス』と踊りたい」

    カンニングさん「障害は利用していい」とアドバイス あべけん太君は「新垣結衣と『恋ダンス』と踊りたい」

    週刊朝日

    12/10

  • 病気を“ウリ”に? カンニング竹山が“ダウン症のイケメン”に助言

    病気を“ウリ”に? カンニング竹山が“ダウン症のイケメン”に助言

    週刊朝日

    11/29

    スマイレージ和田&モーニング娘。鞘師“ピーベリー”初のラジオ特番MC

    スマイレージ和田&モーニング娘。鞘師“ピーベリー”初のラジオ特番MC

    Billboard JAPAN

    11/14

  • 【電通過労死から4年】高橋まつりさん母が今も後悔する「娘との最後の電話」

    【電通過労死から4年】高橋まつりさん母が今も後悔する「娘との最後の電話」

    dot.

    12/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す