自民・希望・民進「誰も得しない」? 橋本治が衆院選を切る (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

自民・希望・民進「誰も得しない」? 橋本治が衆院選を切る

このエントリーをはてなブックマークに追加

橋本治(はしもと・おさむ)/1948年東京都生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、『桃尻娘』で小説現代新人賞佳作を受賞。評論家としても活躍。『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、『三島由紀夫とは何者だったのか』で小林秀雄賞、『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、『双調平家物語』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。近著に『たとえ世界が終わっても』『知性の顛覆』『いとも優雅な意地悪の教本』等

橋本治(はしもと・おさむ)/1948年東京都生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、『桃尻娘』で小説現代新人賞佳作を受賞。評論家としても活躍。『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、『三島由紀夫とは何者だったのか』で小林秀雄賞、『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、『双調平家物語』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。近著に『たとえ世界が終わっても』『知性の顛覆』『いとも優雅な意地悪の教本』等

 いよいよ今週末に投開票が行われる衆院選。『知性の顛覆』著者である作家・橋本治氏による、状況と知性についての短期集中連載の第2回では、衆院選での自民・希望・民進『三方一両損』の構図を橋本氏が分析する。

――突然降って沸いたような今回の「総選挙」もいよいよ終盤戦。目まぐるしく動く政局に振り回されて、「何をどう考えていいのか分からない」という有権者も多い中、10月22日の投票日を迎えそうです……。

橋本:今回の選挙って、落ち着いて考えると結局、誰も得をしないという、落語や講談に出てくる「三方一両損」なんですよ。安倍は北朝鮮問題やら民進党のスキャンダルやらで、一時は落ち込んでた支持率が、ここにきてちょっと上がったから「今だ」と思って解散総選挙に踏み切ったんだろうけど。選挙戦じゃ希望の党や民進党の悪口ばっかり言っていて、そういうコトしていると自分が嫌われるというのが、相変わらず分かってないでしょ。

 一方、希望の党の小池百合子は民進党を乗っ取って、一気に主役になろうと考えたんだろうけど、その過程で「私にとって都合の悪い人は排除します」なんて言うもんだから、結局はタカ派だってのがあっさりバレて嫌われた(笑)。で、前原がその小池に手玉に取られて、分裂崩壊しちゃった民進党は「ああ、あの人たちってやっぱりバカだったのね……」とみんなに納得されちゃった。

 その希望の党を排除された面々は、急遽団結して立憲民主党を作った。ほとんど忠臣蔵だよね。代表のせいでお家断絶となった民進党の浪士が、仇討ちを決意して結集したという……。日本人の同情はこういうところに集まるから、元の城をなくしてもここはそれなりに勝てる。そういうもんです。

――お家断絶というか、前原新代表を選んだばかりの民進党の「自爆」には、驚いた……というか、呆れた人も多かったのではないかと思うのですが。

橋本:これは今に始まった話じゃないんですけど、民進党の最大の欠点って、メンバーが「リーダーに従おうという能力がない人たち」だと言うコトなんですよ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい