元自衛隊メンタル教官が教える 夫婦げんかにスッと効く「ありがとう瞑想」の魔法 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元自衛隊メンタル教官が教える 夫婦げんかにスッと効く「ありがとう瞑想」の魔法

このエントリーをはてなブックマークに追加
向山奈央子dot.#夫婦#朝日新聞出版の本#読書

 一説によると、恋愛の賞味期限は3年。恋愛という感情は、DNAを残すのが目的で、1人の人を愛して、子どもを作り、ある程度まで育ってくれたら、その目的は達成されるから、だそうだ。

 だから、どんなに熱い思いで結ばれた夫婦も、情熱が冷め、そのあとは人間同士のつき合いとなる。洗濯物の干し方から食べ方、子育て方針、人生観まで、違いが目立ってきて、「ムカつく」「許せない」ことは増えてきてしまう。

「人間関係の悩みで一番多いのが、実は“配偶者”です。結婚は異文化との遭遇、夫婦とはどうしてもぶつかりやすいもの。上手に折り合っていくには、大人の智恵が必要です」と話すのは、元自衛隊メンタル教官で、『人間関係の疲れをとる技術』著者の下園壮太さん。

 なぜ夫婦は上手に折り合うべきなのか? 下園さんは、夫婦関係、親子関係などの基本的な人間関係が安定していることが、人生の底支えになるという。そのために役立つ、ある方法を教えてもらった。

■基本的な人間関係の安定は、人生の“自信”を底支えする

 もしあなたが、夫婦間だけでなく、家族、職場などの人間関係に悩んでいるのなら、2つの視点から、自分自身を振り返ってみてください。一つは、自分自身が疲れていないか。そしてもう一つは「自信」のケアができているかどうか、です。

 自信には、3つの種類の自信があると私は考えています。

<第1の自信>
課題ごとの「できる」「できない」に関する自信。

<第2の自信>
自分の体や頭脳、感覚に関する自信。
健康で、体が動き、今後も自分の感覚に従っていれば、人生を何とか乗り切れるという自信。

<第3の自信>
人に愛されて、「人間関係」をうまくやれる自信。
他人に認められており社会的な居場所があること。

 人生にはさまざまな出来事が起こります。失敗して第1の自信が揺らいでも、がんを宣告されて第2の自信が急激に低下しても、第3の自信があると、何とか持ちこたえられます。逆に、第3の自信がないと、少しの失敗でも、とても大きなダメージを受けます。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい