予備校・授業なしで京大医学部に合格して得たもの ノーベル賞候補、坂口志文氏が明かす

大学入試

2017/10/02 18:00

 世界的研究者・坂口志文さんが発見した「制御性T細胞」は、免疫学の教科書を書き換えるほどインパクトをもたらした。週刊朝日ムック『医学部に入る 2018』では、将来、医学部を志望する中高生たちに向けて、坂口さんが自身の「ターニング・ポイント」を語っている。なぜ、研究者の道を選んだのか。

あわせて読みたい

  • 「腸」にいいけど食物繊維ばかりはダメ? 専門家が説く「免疫力を活性化させる方法」

    「腸」にいいけど食物繊維ばかりはダメ? 専門家が説く「免疫力を活性化させる方法」

    AERA

    5/13

    「免疫力を上げる」は疑うべき? 現役医師が注意を促す宣伝文句
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「免疫力を上げる」は疑うべき? 現役医師が注意を促す宣伝文句

    dot.

    1/17

  • 生物学者・福岡伸一がノーベル賞を予想! 日本人候補者はやはり「京大強し」?
    筆者の顔写真

    福岡伸一

    生物学者・福岡伸一がノーベル賞を予想! 日本人候補者はやはり「京大強し」?

    AERA

    10/1

    日本発、薬使ったがんの「第4の治療法」は今年のノーベル賞候補

    日本発、薬使ったがんの「第4の治療法」は今年のノーベル賞候補

    AERA

    10/3

  • 開発進むコロナワクチンに重症化懸念 次の一手は「水際でブロック」日本発の新技術

    開発進むコロナワクチンに重症化懸念 次の一手は「水際でブロック」日本発の新技術

    AERA

    5/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す