世界の常識から外れたJリーグ…監督交代ラッシュから見える“特殊性”

2017/09/19 16:00

 9月初旬、成績不振によりFC東京・篠田善之監督の解任が発表された。今季いっぱいでの退任となるG大阪の長谷川健太監督を含めると、今季J1でこれが8人目。多くのクラブが監督の解任に踏み切った。今季のJ1は荒れ模様だ。世はまさに、大交代時代。

あわせて読みたい

  • 【河治良幸のJリーグ順位予想】戦力充実の浦和が有利も、課題は勝負弱さの克服か

    【河治良幸のJリーグ順位予想】戦力充実の浦和が有利も、課題は勝負弱さの克服か

    dot.

    2/24

    本命はC大阪より鹿島 川崎の猛追、浦和の“大逆転劇”はあるか?【河治良幸のJリーグ後半戦展望】

    本命はC大阪より鹿島 川崎の猛追、浦和の“大逆転劇”はあるか?【河治良幸のJリーグ後半戦展望】

    dot.

    7/29

  • クラブがあっという間に失墜… Jリーグ・ワースト監督は?

    クラブがあっという間に失墜… Jリーグ・ワースト監督は?

    dot.

    6/30

    J1戦力アップしたのは? “弱体化”気になるチームも… ストーブリーグ通信簿2022

    J1戦力アップしたのは? “弱体化”気になるチームも… ストーブリーグ通信簿2022

    dot.

    2/9

  • 神戸は“J1初制覇”へ着々、主力の大量退団チームも…ストーブリーグ通信簿2022

    神戸は“J1初制覇”へ着々、主力の大量退団チームも…ストーブリーグ通信簿2022

    dot.

    2/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す