夏目雅子を襲った急性骨髄性白血病 今では可能になった「ミニ移植」とは?

病気

2017/09/11 13:35

 32年前の1985年、人気女優だった夏目雅子さんの命を奪った急性骨髄性白血病。高齢化にともない、年配の患者が増加している。かつて不治の病とされていたが、治療法の発達で3~5割ほどが治癒するようになった。血液がんの専門医に現状を尋ねた。

あわせて読みたい

  • 競泳・池江選手も発症した急性白血病 進化を続ける治療法とは

    競泳・池江選手も発症した急性白血病 進化を続ける治療法とは

    dot.

    7/23

    元ソフトバンク摂津正氏「慢性骨髄性白血病」 新薬登場で根治可能に

    元ソフトバンク摂津正氏「慢性骨髄性白血病」 新薬登場で根治可能に

    dot.

    1/23

  • 移植が必須だった慢性骨髄性白血病 新薬登場で根治可能に

    移植が必須だった慢性骨髄性白血病 新薬登場で根治可能に

    dot.

    7/24

    夏目雅子、本田美奈子、団十郎…白血病が奪った美貌と才能

    夏目雅子、本田美奈子、団十郎…白血病が奪った美貌と才能

    dot.

    9/11

  • 近代音楽の開拓者バルトークが患った白血病 現代の医療技術で「治る病気」に
    筆者の顔写真

    早川智

    近代音楽の開拓者バルトークが患った白血病 現代の医療技術で「治る病気」に

    dot.

    2/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す