アルバイト三昧の医局員 患者より医師の「生活」が優先されてしまう背景とは

連載「メディカルインサイト」

メディカルインサイト

朝日新聞出版の本

2017/09/08 07:00

 東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。だが、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、経営難に直面している病院についても警鐘を鳴らしている。首都圏の病院を襲う危機とは。

あわせて読みたい

  • 東京女子医科大が学費を1200万円アップ、騒動は「もはやお家芸」

    東京女子医科大が学費を1200万円アップ、騒動は「もはやお家芸」

    週刊朝日

    10/2

    東京女子医大2歳児死亡 渦中の医師は留学中だった

    東京女子医大2歳児死亡 渦中の医師は留学中だった

    週刊朝日

    11/5

  • 東京女子医大で看護師大量退職へ 強気経営の陰に“女帝”の存在

    東京女子医大で看護師大量退職へ 強気経営の陰に“女帝”の存在

    週刊朝日

    7/22

    歴史が示す東京の病院の選び方 「研究の東大、臨床の慶應」のワケとは

    歴史が示す東京の病院の選び方 「研究の東大、臨床の慶應」のワケとは

    dot.

    5/27

  • 東京女子医大 麻酔薬投与事故調「はなはだ無責任」と激怒

    東京女子医大 麻酔薬投与事故調「はなはだ無責任」と激怒

    週刊朝日

    2/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す