不登校の夏休みは里帰りが鬼門 トイレに籠城で抗戦もむなしく… 唯一の解決策とは? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

不登校の夏休みは里帰りが鬼門 トイレに籠城で抗戦もむなしく… 唯一の解決策とは?

連載「ぶらり不登校」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
「不登校にとって里帰りは、そばに寄るだけで胸が苦しくなる存在が勢揃いなのです」(石井志昂さん) (※写真はイメージ)

「不登校にとって里帰りは、そばに寄るだけで胸が苦しくなる存在が勢揃いなのです」(石井志昂さん) (※写真はイメージ)

 とうとうお盆休みに突入! 普段は学校に行っていない不登校の人たちにとって、夏休みの鬼門は里帰り。日本で唯一の不登校・ひきこもり専門紙「不登校新聞」編集長で、自身も不登校だった石井志昂さんは「解決策は一つだけ」と確信しているという。

*  *  *
「あれっ? そうか、夏休みか」

 10代後半だったころ、平日の日中に走り回る小学生を見かけて、ふとそう思ったことがあります。

 不登校だった私にとって夏休みは、ふと気がつくもの。だって、ずっと学校がお休みですからね。「明日から夏休みです」という先生のお言葉とともに歓喜の声をあげる教室とは無縁です。

■親も子も反応は二分

 不登校にとって夏休みは、私のように「夏の風物詩」程度に捉えている人もいれば、街中に同級生が現れないかドキマギしている人もいます。

 夏休みが「気になる人」と「まったく気にならない人」、不登校当事者は両極端にわかれます。

 不登校の子を持つ親も同様です。

「いつになったら学校へ戻るんだろう」とため息をついている親たちの中には、夏休み中だけはその“任務”から解放され、ほっこり笑顔を取り戻す人もいます。

 逆に「9月からは登校を」と、子どもに塾を進めたり、生活習慣をムリにでも直そうとしたり、登校準備に全神経を注ぐ親もいます。

 そのため「不登校の夏休み」をひとまとめに語ることはできませんが、「里帰り」だけは事情がちがいます。

■抗戦もむなしく…

 多くの不登校にとって里帰りはロクな思い出がありません。当事者によれば「聞きたくない話のオンパレード」。

 里帰り中は「会社にだってイヤな奴はいっぱいいるんだ」と訓辞を垂れるお父さんがいる。

 有名進学校へ進んだ甥っ子の自慢話に花を咲かせ、当事者の自己否定感に追い打ちをかけるおばあちゃまがいる。

「学校へ行かなくても働けばいいんだ」と早朝から畑仕事を手伝わせようとするおじいちゃまがいる。

 不登校にとっては、そばに寄るだけで胸が苦しくなる存在が勢揃いなのです。

 そのため里帰りが近づくと、何事にもやる気がなくなり、食欲まで落ちる人がいます。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい