「1日1万歩で健康」は間違い!? 意外と知らない正しいウォーキングを専門家が解説

健康

2017/08/05 07:00

 ウォーキング=健康という考え方が一般的。でも「歩数を増やしても疲れるだけ」「歩いているのに病気になった」など、その効果について、疑問を抱いている人もいる。正しいウォーキングを実践するには適度な「強度」が大切だ。週刊朝日MOOK「家族で読む予防と備え すべてがわかる認知症2017」では、最新研究で認知症予防に効果があるとわかった方法を紹介する。

あわせて読みたい

  • テレワークで歩数3割減…寝たきり級の“異常事態” 専門家による「病気予防できるウォーキング法」【#コロナとどう暮らす】

    テレワークで歩数3割減…寝たきり級の“異常事態” 専門家による「病気予防できるウォーキング法」【#コロナとどう暮らす】

    AERA

    6/14

    不健康になるウォーキングと健康になるウォーキング その違いとは

    不健康になるウォーキングと健康になるウォーキング その違いとは

    BOOKSTAND

    1/20

  • 「速歩き」が認知症を防ぐ! 医師がすすめる「正しい歩き方」

    「速歩き」が認知症を防ぐ! 医師がすすめる「正しい歩き方」

    週刊朝日

    10/9

    1日どれくらい歩けばいい? 年代別「寝たきりにならない目標歩数」

    1日どれくらい歩けばいい? 年代別「寝たきりにならない目標歩数」

    週刊朝日

    10/9

  • 健康には走るより歩いた方がいい? 医師が教える「体によい」運動強度

    健康には走るより歩いた方がいい? 医師が教える「体によい」運動強度

    AERA

    5/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す