39歳でアルツハイマー 診断後も幸せで居続けられた理由

健康

2017/05/28 07:00

 認知症になると何もできない、もう終わりだ――なんて思っていないだろうか。答えは否、だ。39歳のときにアルツハイマー型認知症と診断された仙台市の丹野智文(ともふみ)さん(43)は、今も仕事を続け、妻や子どもたちとともに幸せな日々を送っている。病気とつきあい、ともに歩みながら、診断後も幸せでい続けられる理由とは何なのだろうか。本人のメッセージをお届けする。

あわせて読みたい

  • ボケたま記者 認知症ケア学会で「ミスしても明るく」を実感

    ボケたま記者 認知症ケア学会で「ミスしても明るく」を実感

    週刊朝日

    3/15

    物忘れと認知症の違いは? 認知症の基礎知識

    物忘れと認知症の違いは? 認知症の基礎知識

    週刊朝日

    6/19

  • 血管性認知症 アルツハイマー病との合併ケースも

    血管性認知症 アルツハイマー病との合併ケースも

    週刊朝日

    10/17

    大きな寝言は危険信号 レビー小体型認知症の前兆とは?

    大きな寝言は危険信号 レビー小体型認知症の前兆とは?

    週刊朝日

    9/20

  • 「不便だけど不幸ではない」認知症の当事者の思い

    「不便だけど不幸ではない」認知症の当事者の思い

    AERA

    11/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す