“舌禍”常習だった? 今村復興相の暴言に怒り心頭の被災者たち (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“舌禍”常習だった? 今村復興相の暴言に怒り心頭の被災者たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
桐島瞬dot.#原発
4日午前の閣議後会見での発言について釈明する今村雅弘復興相。自主避難を続ける人たちに対する「本人の責任」発言は撤回しなかった=同日夕、東京・霞が関の復興庁  (c)朝日新聞社

4日午前の閣議後会見での発言について釈明する今村雅弘復興相。自主避難を続ける人たちに対する「本人の責任」発言は撤回しなかった=同日夕、東京・霞が関の復興庁  (c)朝日新聞社

 武田さんは、健康被害が出るような放射能汚染のある福島へは帰れないとの気持ちから、支援が打ち切られた4月以降も抗議のために借り上げ住宅に住み続けている。

 だが、借り上げ住宅の運営を任されている会社からは「このまま住み続けるなら不法占拠として損害賠償を請求する」とまで言われているという。

 自主避難ではないが、浪江町から福島市での避難生活が続く元原発作業員の今野寿美雄氏(52)も今村大臣の発言に頭にきた一人だ。

「今村氏は先月のテレビ番組でも『自主避難者が故郷を捨てるのは簡単』と被災者を逆なでする発言をしたばかり。こういう言葉を聞くと、国の役人にとって自主避難者などどうでもよいと思っていることがわかる。復興庁とは除染や公共工事で予算を回すことしか考えていない役所にしか見えてきません」

 今村復興相の発言は、安倍政権の被災者軽視を物語っているかのようだ。(ジャーナリスト・桐島瞬)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい