性暴力被害者が明かす 性的虐待の後に待っている想像を絶する苦しみと絶望

朝日新聞出版の本

2017/03/01 16:00

 日本社会で暮らす私はそんな声をよく聞いてきた。

 でも、決してそうではない。

 性暴力は許されないことであり、終止符を打たなければいけないことであり、この現状は変えなければならない。私は、そう思っている。

 それでも、ニュースや報道に接したり、それを受けての周囲の人の反応を見ても、性暴力の実態はまだまだ理解されていないと感じる。被害者やその家族や身近な人が回復するための適切なシステムが整えられていない状況には、絶望感や諦めの気持ちを持つこともある。

 でも、性暴力が実際にどのような被害であるのか、適切な対応をするためにはどうすればいいのかを知ることができれば、人々の反応も変わると思っている。

 本書を読んで、これが性暴力被害者が抱える現実なのかと驚かれるかもしれない。けれど、毎日の性犯罪・性暴力のニュースの背景には、その数だけそれぞれの闘いを引き受けながら生きている人たちがいる。

 そして、実際に被害を受けたことがある人へ。

 時にはページをめくるのも苦しくなることがあるかもしれない。そのときはタイトルを見て読めそうな章やガイドを読んでいただくだけでもよいと思う。

 この本を通して、日本社会に性暴力への理解が広がり、こんな苦しみがなくなる日が来ること、そしてあなたが回復への道のりを歩むときに、この本が少しでも役に立ってくれれば嬉しく思う。

13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル

山本潤著

amazon
13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル
1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 神戸「女児5人強姦事件」 罪を不合理に軽くする裁判員制度の問題点

    神戸「女児5人強姦事件」 罪を不合理に軽くする裁判員制度の問題点

    週刊朝日

    8/22

    強姦事件でさえ加害者が正当化されるスポーツ界の理不尽

    強姦事件でさえ加害者が正当化されるスポーツ界の理不尽

    週刊朝日

    9/10

  • 虐待で「脳が傷つく」衝撃データ 2割近い萎縮も

    虐待で「脳が傷つく」衝撃データ 2割近い萎縮も

    AERA

    4/30

    性暴力サバイバーの証言 友人の友人に、友人の父に…加害者も被害者も作りたくない

    性暴力サバイバーの証言 友人の友人に、友人の父に…加害者も被害者も作りたくない

    AERA

    3/23

  • なぜ、娘と性交で「無罪」なのか? 被害者が明かす、実父の性暴力に抵抗できない理由

    なぜ、娘と性交で「無罪」なのか? 被害者が明かす、実父の性暴力に抵抗できない理由

    dot.

    4/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す