「江戸城」に隠された太田道灌と菅原道真の関係 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「江戸城」に隠された太田道灌と菅原道真の関係

連載「あなたの知らない神社仏閣の世界」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#神社仏閣
手前は巽櫓(本丸から見て巽の方角にある櫓)、奥は桔梗門(太田道灌の家紋がついていたことからこの名に)

手前は巽櫓(本丸から見て巽の方角にある櫓)、奥は桔梗門(太田道灌の家紋がついていたことからこの名に)

平川門から入場すると梅林坂が近い

平川門から入場すると梅林坂が近い

梅林坂

梅林坂

天守閣跡。明暦の大火(1657年)で天守閣も消失し以来再建はされなかった

天守閣跡。明暦の大火(1657年)で天守閣も消失し以来再建はされなかった

 現在は天皇のお住まいとして皇居と呼ばれている場所は、明治時代以前は江城(こうじょう)あるいは千代田城と呼ばれるお城だった。総周囲は4里とも言われ、もちろん日本最大の城郭である。

 江戸城を最初に城として築いたのは、室町時代の末期、戦国時代と呼ばれていた頃に、関東に勢力を持っていた扇谷上杉家の家臣・太田道灌だという。

●東京のパワースポットに欠かせない太田道灌の名前

 関東に住み、かつ歴史に興味がある人でなければ、太田道灌という名にはピンとこないかもしれない。だが、私のように関東一帯で神社仏閣ばかりを取材している人間にとって太田道灌は、現在残る寺社の歴史を調べれば、かなりの確率で耳にする名前である。

 多くの寺社を勧請し、建立した太田道灌が築城に関わったという時点で、江戸城が地学的にパワースポットとして造成されていくことになる基礎ができたと言ってもよいかもしれない。

●道灌の城造りは寺社勧請とともに

 道灌は城の築城にあたり、まず、現在は赤坂にある日枝神社を城内に勧請(かんじょう)した。

 また、京都・北野天満宮から勧請して菅原道真を祀った社を建て、さらに、掘った井戸から出てきた銅印を祀って吉祥寺(現在は本駒込に移動)を建立した。鬼門側(建物の中心から見て北東方位)には柳森神社、西方には市谷亀岡八幡宮を勧請、目青不動を移転、裏鬼門(建物の中心から見て南西)に品川神社や西久保八幡などを整えている。道灌の名前が出てくる寺社は相当数に上るのでこのくらいにしておくが、当時の戦況を考えると、江戸城の守りは連戦連勝の道灌にとってさえも重要な要だったといえそうだ。

●徳川幕府は風水で江戸城を固めた

 江戸時代になり、城は天下普請と呼ばれる大造営が施されていく。

 家康の参謀と言われる僧・天海は、江戸の町を風水的に安定している京都の町と同じに造営しようと考え、寺社や川、道路などを配置した。

 その上、城の守りを堅固にもできるため、河川のつけかえ、街道の整備、海岸の埋め立て、門や橋の造営など大掛かりな普請を続けた。工事は千代田のお城だけにとどまらず江戸中に影響するほどのもので、お城の南側に広がっていた日比谷入江の埋め立てが始まったのが1603年、神田川の拡幅工事でその普請の一切が終わったのが1660年。すでに時は4代将軍・家綱の時代となっていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい