ガッキー&星野源「逃げ恥」で話題! 石田ゆり子、47歳になっても変わらない“美の秘訣” (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ガッキー&星野源「逃げ恥」で話題! 石田ゆり子、47歳になっても変わらない“美の秘訣”

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

石田ゆり子(c)朝日新聞社

石田ゆり子(c)朝日新聞社

「体を動かさなければ年齢と共に見た目も衰えるという理由から、日頃より体を鍛えていることは有名です。石田はエクササイズの『ピラティス』を10年続けていて、さらに楽屋で逆立ちなどしたりと、ちょっとの空いた時間でも鍛えている。『肩が安定して具合がいい』と、自身のインスタグラムで逆立ちの写真を公開したこともあります。もちろん肌のケアも怠らず、朝は『ぬるま湯洗顔』で夜は『クレンジング』。熱い湯で洗顔をすると必要以上に皮脂や保護膜を流してしまい、乾燥肌の原因になるとか。加えて、口のまわりの筋肉を意識して喋ることでシャープなフェイスラインをキープしているそうです」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 美への努力は惜しまない石田。さらに、その変わらない美しさの理由は、体を鍛えるだけでなく石田のライフスタイルにあると言うのは前出の編集者だ。

「オフの日は好きな本を持って好きな喫茶店に行ったり、好きな音楽をかけて歌いながら車の運転をすると言ってましたね。自分の好きなことやその時間を大切にしている。ほかにも、多少値段が高くても欲しいモノを買ってしまうとか。動物好きとしても有名で、犬と猫を飼っており、『年がら年中彼氏募集中』と言いつつも結婚相手については『動物嫌いって言われたら終わりですね』と公言するほど。老けない人というのは自分の時間を謳歌して楽しんでいる人が多いですが、石田の場合も、美への追及だけでなく、自分の好きなことや興味のあることを大切にする生き方が、結果として若さを保つことに繋がっているのでしょう」

 ナチュラルな美しさが魅力の石田ゆり子。その秘訣は服装やメークに頼ることではなく、健康や日々の生活を楽しむことにあったというわけだ。(ライター・丸山ひろし)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい