バドミントン女子シングルス 奥原希望 準決勝で敗れ3位決定戦へ 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

バドミントン女子シングルス 奥原希望 準決勝で敗れ3位決定戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#リオ五輪
女子シングルス準決勝に出場した奥原希望 (c)朝日新聞社

女子シングルス準決勝に出場した奥原希望 (c)朝日新聞社

 リオデジャネイロ五輪は18日(日本時間19日)バドミントン女子シングルス準決勝が行われた。第2試合に登場した奥原希望はインドのシンドゥ・プサルラと対戦。

 準々決勝で前回ロンドンオリンピック銀メダリストの中国・王儀涵をストレートで敗ったシンドゥ・プサルラはこの日も好調で、19-21、10-21のストレートで奥村を退けた。

 奥村は銅メダルをかけた3位決定戦(日本時間19日夜)にまわり、前回ロンドンオリンピック金メダルの李雪芮(りせつぜい)と対戦する。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい