ナッツ加工メーカーで40年間、未知の樹木と共に歩んだ神戸の“花咲かじいさん” (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

ナッツ加工メーカーで40年間、未知の樹木と共に歩んだ神戸の“花咲かじいさん”

このエントリーをはてなブックマークに追加
南文枝dot.#仕事#企業
東洋ナッツ食品の“花咲かじいさん”こと中野さん。アーモンドの木の管理に毎日忙しい

東洋ナッツ食品の“花咲かじいさん”こと中野さん。アーモンドの木の管理に毎日忙しい

中野さんが約40年、丹精して作り上げてきた東洋ナッツ食品の庭園

中野さんが約40年、丹精して作り上げてきた東洋ナッツ食品の庭園

食用アーモンドの代表であるノンパレル種の花。3月中旬に咲く(東洋ナッツ食品提供)

食用アーモンドの代表であるノンパレル種の花。3月中旬に咲く(東洋ナッツ食品提供)

こちらはピンク色のアーモンドの花。桜と間違えそう?(東洋ナッツ食品提供)

こちらはピンク色のアーモンドの花。桜と間違えそう?(東洋ナッツ食品提供)

 アーモンドの花を見たことがあるだろうか。

 桜とよく似た白やピンク色の可愛らしい花で、日本では毎年3月中旬ごろに咲く。そんなアーモンドの木を、神戸市の庭園で約40年にわたってお世話し、毎年美しい花を咲かせ続けている男性がいる。

 ナッツの加工メーカー、東洋ナッツ食品(本社・神戸市)の中野喜光さん(75)だ。1970年代後半、同社が米カリフォルニアの取引先からアーモンドの苗木を贈られて以来、ずっと世話係を務めている。2001年の定年までは、他の業務と兼務だったが、定年後は、総務部付の「庭園管理人」として、専業でアーモンドを含む広さ1646平方メートルの庭園の樹木を管理している。

 鹿児島出身の中野さんが、職を求めて神戸にやって来たのは1966年。東洋ナッツ食品に入社し、工場で働いていたが、先代社長、中島泰介さん(故人)から見込まれ、アーモンドの世話係に任命された。「趣味で園芸をしていたのが先代の耳に入ったようで。枯らしたら大変だ、という思いでした」と当時の気持ちを振り返る。

 アーモンドが日本へ本格的に輸入され始めたのは1950年代だが、栽培するとなるとまた別の話。今でこそ「バラ科サクラ属」に属していると分かるが、「当時はどの果樹の仲間なのかも分からなかった」(中野さん)。図書館に通い詰めて園芸の本を読み漁ったが、アーモンドの栽培についての情報はどこにもなかった。

 兵庫県内の農業改良普及センターにも足を運び、専門家に相談したが、詳しい情報は得られない。「肥料をやってみたり、接ぎ木をしてみたりと、手探りで栽培を続けていった」(中野さん)。当初は栽培のポイントがつかめず、苗木が枯れることもあったが、徐々に接ぎ木の成功率が上がっていった。専門的な知識も蓄積されていき、やがて毎年美しい花を咲かせるようになった。

 春に咲いた花が散り、受粉した実が大きくなっていく初夏は、中野さんが忙しくなる時期だ。午前8時半に出社し、蒸し暑い庭園で、夕方までせん定や摘果(果実を間引くこと)、草刈りなどに追われる。時には他の社員の手も借りるという。

 カリフォルニアなど、雨がほとんど降らず、からっとした気候の地域で育つアーモンドにとって、湿度が高く、じめじめした日本の梅雨は大敵だ。中野さんはカビが生えたり、病気にかかったりしないよう、木々の状態を細かくチェックする。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい