岩田剛典、TAKAHIRO…映画「HiGH&LOW」完成披露に“史上初”50人が集結  (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岩田剛典、TAKAHIRO…映画「HiGH&LOW」完成披露に“史上初”50人が集結 

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
前列、右からAKIRA、岩田剛典、鈴木伸之、TAKAHIRO

前列、右からAKIRA、岩田剛典、鈴木伸之、TAKAHIRO

 EXILE TRIBEの面々が出演している映画『HiGH&LOW THE MOVIE』の完成披露イベントが7月4日、東京国際フォーラムで行われ、出演者50人が登場した。

【写真ギャラリーはこちら!】

 50人もの出演者が登場する映画の完成披露イベントは史上初だという。舞台上にはTAKAHIROやAKIRA、岩田剛典、登坂広臣といったEXILE TRIBEの人気メンバーのほか、窪田正孝や林遣都、早乙女太一ら人気の若手俳優が集い、会場は熱気にあふれた。

 映画は数々のチームが拮抗する「SOWRD地区」をめぐって戦いを繰り広げるという“青春バトルアクション”。まずはEXILEのリーダーで、今作の企画・プロデュースを務めたHIROが、その思いを語った。

「監督はじめ、多くのスタッフさんやキャストの皆さんのエネルギーや思いが詰まった作品になったと思っています。ぜひこの作品を早く見ていただいて、いろんな思いを感じていただきたいなと思います」(HIRO)

 これに続いて、キャスト陣が次々とコメント。今回“最凶”の兄弟・雨宮兄弟の兄・雅貴役を演じたTAKAHIROは「今回バイクで並走するシーンがすごく楽しくて、本当に思い出に残っています」と撮影を振り返った。

 また、雅貴役の「女好き」という設定について、TAKAHIROは「女好きっていう役なんですけど、そこは日ごろと違うので、役作りが非常に難しかったですね」と話すと、会場からは「えー!!」と一斉に疑問の声が……。思わず、TAKAHIROが「『えー!』じゃない!」と叫び返すシーンもあった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい