浅田真央、“LINE友”吉田沙保里にエール 「同じ愛知で練習。リオ五輪がんばって」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

浅田真央、“LINE友”吉田沙保里にエール 「同じ愛知で練習。リオ五輪がんばって」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#リオ五輪
浅田真央

浅田真央

 スキンケアブランド「アルソア」のポップアップショップ・オープニングイベントが6月20日、表参道ヒルズで開催され、ゲストとしてフィギュアスケート選手の浅田真央(25)が登場。自身がプロデュースした限定の石鹸パッケージを発表した。

 同社の製品を10年間愛用しているという浅田。今回は浅田自身がこれまで着用した衣装から3種類をピックアップし、それをイメージしたパッケージの石鹸を発売する。浅田が選んだ衣装は、2014年のソチ五輪のフリー「ピアノ協奏曲第2番」での衣装、昨シーズンのフリー「蝶々夫人」での衣装、昨シーズンのショートプログラム(SP)「すてきなあなた」での衣装の3点。いずれも浅田の「お気に入りの衣装」だというが、そのなかでも思い入れのあるものがあるという。

「ソチ五輪のブルーの衣装は思い出に残っています。一言では言い表せないくらい、いろんな感情が出た五輪だったので、この衣装は思い出が強いです」(浅田)

 また、休養明けで臨んだ昨シーズンはこんな思いがあったことを明かす。

「復帰宣言をしてからはずっと気持ちが引き締まる思いで、シーズンを通してきたんですけど、いつものシーズンよりは気持ち的に負担があったのかなと思います。プレッシャーはなかったんですけど、いつものシーズン以上にシーズン前から『いよいよ来るんだな』っていう気持ちを持ってやっていたので、その分、疲れもあったのかなという感じで」

 次のシーズンを戦う新プログラムだが、エキシビションは公表しているが、SP・フリーはまだ披露していない。しかし演技は「3曲すべてできている」といい、7月30日から行われるアイスショー「THE ICE」でSPをお披露目する予定だという。その詳細は明かせないとしつつも、それぞれについて「色に例えると、SPは黒、フリーは赤です」とイメージを語り、こう続けた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい