その名は秀康…家康と秀吉を“父”に持つ「不遇な名将」が残した鎧兜

2016/06/11 07:00

 6月11日、富山市中心部に森記念秋水美術館が開館する。この美術館は、日本刀の美をテーマとしているが、甲冑(かっちゅう)など武具全般のコレクションにも優品がある。中でも大名家に伝わる品々は一見の価値ありだ。徳川家康と豊臣秀吉を“父”に持つ戦国武将のゆかりの品も展示されている。

あわせて読みたい

  • 名だたる戦国武将はみんな病気? 織田信長の人格障害を医師が診断!
    筆者の顔写真

    早川智

    名だたる戦国武将はみんな病気? 織田信長の人格障害を医師が診断!

    dot.

    5/24

    木下家19代当主・木下崇俊「大坂の陣で殺された豊臣秀頼の遺児が生きていた?」

    木下家19代当主・木下崇俊「大坂の陣で殺された豊臣秀頼の遺児が生きていた?」

    週刊朝日

    1/19

  • 現代に伝わる石田三成の宝刀、米国から戻った秀吉からの鎧兜

    現代に伝わる石田三成の宝刀、米国から戻った秀吉からの鎧兜

    週刊朝日

    9/1

    「徳川秀忠」安定の手腕 律儀すぎると酷評された三男が、なぜ将軍職を継げたのか?

    「徳川秀忠」安定の手腕 律儀すぎると酷評された三男が、なぜ将軍職を継げたのか?

    dot.

    5/7

  • 子孫が語る刀剣と秘話「実戦力と機能美を備えた石田三成の愛刀」

    子孫が語る刀剣と秘話「実戦力と機能美を備えた石田三成の愛刀」

    週刊朝日

    1/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す