au新CM “一寸法師”役は前野朋哉! 松田翔太「どこにいたの?」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

au新CM “一寸法師”役は前野朋哉! 松田翔太「どこにいたの?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
左から菜々緒、前野朋哉、松田翔太、濱田岳

左から菜々緒、前野朋哉、松田翔太、濱田岳

 auの新商品や新CMを紹介する発表会が5月31日、都内で行われ、CMキャラクターを務める豪華な面々が登場した。

 この日、会場に現れたのは同社のCM、「三太郎」シリーズでおなじみの、桃太郎役の松田翔太(30)、金太郎役の濱田岳(27)、乙姫役の菜々緒(27)。そしてこれに加えて、今回は新キャラクター「一寸法師」が登場した。

 実はこれまで放送されたCMの中にも、「隠れキャラ」として登場していた一寸法師。親指サイズほどの小さな人影で、画面の隅にひっそりと登場していた一寸法師は、一部視聴者の間では話題になっていた。これまでのCMではその姿があまりにも小さく、顔までは判別することができなかったが、今回の発表会でその姿が明かされることとなった。

 新CMの映像が流れ、大音量の音楽、スモークとともに堂々と登場した「一寸法師」は、俳優の前野朋哉(30)。これまで数々のドラマや映画に出演しており、名脇役としても知られる存在だ。最近では月9ドラマ『恋仲』(フジテレビ系)や放送中のドラマ『重版出来!』(TBS系)にも出演している。

 とはいえ、松田や浦島太郎役の桐谷健太(36)らに比べると若干地味な印象も否めない。ポーズを決めて堂々と登場する前野だったが、松田、濱田、菜々緒らは微妙な表情で「誰だっけ?」などと言われる始末。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい