日本勢は表彰台届かず 宮原が5位、浅田7位、本郷8位

 アメリカのボストンで開催されているフィギュアスケートの世界選手権は現地時間4月2日に女子のフリースケーティングが行われ、エフゲーニャ・メドベデワ(ロシア)が合計223.86で優勝。日本勢は宮原知子が5位、浅田真央が7位、 本郷理華が8位となった。

 ショートで出遅れた浅田真央はこの日、大きなミスなく134.43をマークし、今季自己最高の200.30で7位に入った。また、宮原はフリーでは3位となる139.89の高得点で、合計210.61の5位。本郷は合計199.15で8位となった。

 優勝したメドベデワは、フリーの歴代最高得点を更新する会心の演技でSP3位から逆転し戴冠。2位には215.39でアシュリー・ワグナー(アメリカ)、3位には213.69でアンナ・ポゴリラヤ(ロシア)が入った。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック