選ばれた一冊のみを売る 森岡書店の濃密な空間に世界が注目

読書

2016/01/30 08:00

 ただひとつだけの本を売る書店「森岡書店銀座店」をご存じだろうか。毎週1タイトルを選書し、書籍の販売は基本的にそれのみ。店舗内では、関連展示やイベント開催、物品の販売を行い、訪れた人にその本が表現する世界を体感させる独特なスタイルの個人書店だ。今月28日には店舗ロゴがドイツ・iFデザイン賞(コミュニケーション部門)を受賞するなど、その取り組みは今、国内ばかりか世界の注目を集める。

あわせて読みたい

  • 写真で見る東京オリンピックイヤーの銀座 カメラマン・伊藤昊が捉えた街の活気と高揚感

    写真で見る東京オリンピックイヤーの銀座 カメラマン・伊藤昊が捉えた街の活気と高揚感

    AERA

    7/12

    荒野の古本屋

    荒野の古本屋

    週刊朝日

    5/14

  • 今晩なに食べる?レシピ本に新ジャンル 「夜ごはん本」が続々登場

    今晩なに食べる?レシピ本に新ジャンル 「夜ごはん本」が続々登場

    dot.

    10/22

    究極の健康食は昭和50年の日本の家庭料理

    究極の健康食は昭和50年の日本の家庭料理

    BOOKSTAND

    3/1

  • 10~15歳の《昭和の記憶》が脳を活性化させる!? 介護にも役立つ「回想法」をご存じですか?

    10~15歳の《昭和の記憶》が脳を活性化させる!? 介護にも役立つ「回想法」をご存じですか?

    tenki.jp

    4/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す