社長のハゲすら話題に! 世界で2番目に即席袋めんを開発した会社の“残念”な挑戦 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

社長のハゲすら話題に! 世界で2番目に即席袋めんを開発した会社の“残念”な挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#グルメ#企業
「全国的な知名度を上げたい!」とロングセラー商品「チャンポンめん」を掲げる伊藤さん

「全国的な知名度を上げたい!」とロングセラー商品「チャンポンめん」を掲げる伊藤さん

バラエティーに富んだイトメンの商品

バラエティーに富んだイトメンの商品

「ストレスもないのにハゲ!」とまで書かれた伊藤社長。同志を募り飛躍できるか?(キャンペーンサイトより)

「ストレスもないのにハゲ!」とまで書かれた伊藤社長。同志を募り飛躍できるか?(キャンペーンサイトより)

左がハエに間違われる「とびっこ」口元のほくろがセクシーだ。右が市のキャラクターと名前がかぶってしまった「アカネちゃん」(イトメン提供)

左がハエに間違われる「とびっこ」口元のほくろがセクシーだ。右が市のキャラクターと名前がかぶってしまった「アカネちゃん」(イトメン提供)

「チャンポンめん」という即席袋めんを知っているだろうか。エビとシイタケのかやくが醸し出すあっさりとした塩味が特徴だ。製造元のイトメン(兵庫県たつの市)は、世界で2番目に即席袋めん・即席カップめんを開発した会社なのにもかかわらず、あまり知られていない。当然ながら1963年から販売されているチャンポンめんも、全国的な知名度は低い。そんな残念(?)なエピソードを集めたイトメンの自虐キャンペーンがネット上で話題となっている。

 イトメンは、1945年創業の食品メーカー。もともとは製粉会社で、58年、世界で初めて即席袋めんを開発したという日清食品に2カ月遅れて、即席袋めん「トンボラーメン」を生み出した。

 チャンポンめんだけでなく、「播州らーめん」「二八そば」といった50種類以上の袋めんやカップめん、乾めんを製造。86年発売のわらびやぜんまいなどが入ったカップめん「カップ山菜そば」は、マンガ「そばもんニッポン蕎麦行脚」(山本おさむ)でも取り上げられた、知る人ぞ知る名品だ。

 しかしこのイトメン、大手の販売シェアが高い大都市圏では苦戦を強いられるようだ。逆に姫路などの播州地域では、主力商品のチャンポンめんは「播州人のソウルフード」と言われるまでの人気を誇っている。なぜか北陸地方に熱狂的なファンが多く、中国地方や鹿児島県でも販売されているのだが、神戸や大阪にいくとシェアが激減。全国展開にはほど遠いのが現状だ。

 さらに、たつの市が童謡「赤とんぼ」を作詞した三木露風のふるさとであることから、トンボのキャラクター「とびっこ」を作ったが、ハエに間違われることがしばしば。2013年誕生の2代目キャラクター「アカネちゃん」は、16年1月に生まれた市のキャラクター「あかねちゃん」と名前がかぶってしまう(1月25日に双方が自由に名称を使用することを確認)など、とにかく残念なエピソードが多いのだ。

 そしてとうとう、そんな残念ぶりを披露して消費者の同情と憐れみを引き出して知名度をアップさせようと、15年12月からインターネット上で「残念なイトメン応援キャンペーン」を展開。「社長(伊藤充弘社長)はストレスもないのにハゲ!」「とにかく頼りない次期社長候補!」といったエピソードを掲載し、ツイッターやフェイスブックでの応援コメントを求めている。

 投稿者には抽選でたつの市へのペア旅行を、ビデオ取材を受けてくれた人にはチャンポンめん1年分をプレゼントする、といった特典も付けたところ、ツイッターでは「見つけた!」という商品画像や調理写真が続々とツイートされた。フェイスブックでも「いいね!」が400件以上増加、「親子3代で愛食してます」などのコメントが寄せられている。

 キャンペーンを勢いづけるため、1月25日からは「ハゲは黙ってイトメンチャンポンめん!」というコメントを添えて“ハゲ写真”をフェイスブックやツイッターに投稿した人のうち、伊藤社長が「同志!」と認めた3人に製品やぬいぐるみを詰め合わせた「麺の宝箱」をプレゼントするという企画をスタート。伊藤社長は「ハゲ同志よ!チカラを貸して頂きたい!」と呼びかける。

 キャンペーンサイトには化粧シーンを掲載され、しかもその写真が「微妙」と評された営業企画の伊藤しげりさんは「葛藤もあるが、社長自身が明るくやろうと言っている。始めたからには本気でやる」と知名度アップへの意気込みを語り、「せめて兵庫から北陸までの販売ラインをつなぎたい」と地道な目標を掲げる。

 筆者は北陸出身。チャンポンめんは知らなかったが、せっかくなので食べてみた。あっさりながら、エビとシイタケのだしが効いた“昭和”の味がした。こってり系ラーメンとは一線を画すシンプルな味が、炎上をも恐れない直球なキャンペーンにつながったのだろうかは……なぞだ。

(ライター・南文枝)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい