野々村被告 初公判後、勾留される 担当弁護士が明かす

野々村竜太郎

2016/01/26 16:29

 詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪で在宅起訴された元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)の初公判が1月26日、神戸地裁が行われ、終了後に同被告は弁護士とともに地裁から出て来ず、刑事施設に収容する勾留となった模様だ。

あわせて読みたい

  • “号泣元県議”野々村被告、スキンヘッドで初公判 起訴内容を否認

    “号泣元県議”野々村被告、スキンヘッドで初公判 起訴内容を否認

    dot.

    1/26

    野々村被告 被告人質問で“号泣寸前” 「記憶がない」を連発

    野々村被告 被告人質問で“号泣寸前” 「記憶がない」を連発

    dot.

    1/26

  • 野々村被告「Mr.サンデーの記者から暴行受けた」 事件は「記憶ない」連発も…

    野々村被告「Mr.サンデーの記者から暴行受けた」 事件は「記憶ない」連発も…

    dot.

    2/22

    【速報】“号泣元県議”野々村被告に懲役3年執行猶予4年 神戸地裁

    【速報】“号泣元県議”野々村被告に懲役3年執行猶予4年 神戸地裁

    dot.

    7/6

  • 衝撃の初公判! 野々村被告の「責任能力」を問えるのか? 傍聴人には疑問視する声も

    衝撃の初公判! 野々村被告の「責任能力」を問えるのか? 傍聴人には疑問視する声も

    dot.

    1/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す