「熱愛発覚」二階堂ふみに園子温監督が“ゾッコン”になる理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「熱愛発覚」二階堂ふみに園子温監督が“ゾッコン”になる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#恋愛#熱愛

二階堂ふみ

二階堂ふみ

 女優の二階堂ふみ(21)とシンガー・ソングライターで俳優の星野源(34)の熱愛が一部スポーツ紙で報じられた。

 2013年9月公開の映画「地獄でなぜ悪い」(園子温監督)の共演で知り合い、今年夏に公開されたウェブのCMで再共演し距離を縮め、交際に発展したという。

「二階堂は元カレの俳優・新井浩文(36)と昨年11月に破局、一方の星野は歌手のaiko(39)との交際が報じられていました。若手女優のなかでも実力はピカイチと言われる二階堂ですが、実は芸能界を代表する“サブカル女子”としても有名。好きな本は室生犀星の『性に目覚める頃』で、好きな作家は泉鏡花。セックス・ピストルズのジョン・ライドンをこよなく愛し、自らも音楽活動をするなどサブカル系女子から支持され、サブカル男子やおじさんにも圧倒的人気です」(スポーツ紙記者)

 2人の所属事務所は、それぞれコメントを発表し、二階堂サイドは「仲の良い友人の一人です」と交際を否定していない。再共演したウェブCMでは、「収録中、星野のアドリブにも動じることなく息がぴったりでした」(代理店関係者)という。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい