戦後、戦艦長門を捕鯨船に転用する“計画”があった!?

2015/08/14 11:30

 北九州市若松区響町――ここに旧海軍駆逐艦「柳」「冬月」「涼月」の3隻が“軍艦防波堤”として外洋から打ち寄せる波を防ぐ“任務”に今なお就く。旧軍の遺物で戦後民間転用されたものはすくなくない。なかには今でもわたしたちにその姿をみせているものもある。

あわせて読みたい

  • 海保が艦影を捉えた! 「戦艦陸奥」“悲運”の生涯とは!?

    海保が艦影を捉えた! 「戦艦陸奥」“悲運”の生涯とは!?

    dot.

    3/18

    「捕鯨」には愛がある? 東海林さだおと“守る会”小泉武夫が「鯨」対談

    「捕鯨」には愛がある? 東海林さだおと“守る会”小泉武夫が「鯨」対談

    週刊朝日

    8/31

  • 防衛省・自衛隊でスキャンダルが繰り返される理由

    防衛省・自衛隊でスキャンダルが繰り返される理由

    ダイヤモンド・オンライン

    8/21

    46cm主砲の内部まで見られる! 実物大で蘇った「VR戦艦大和」に乗艦してきた

    46cm主砲の内部まで見られる! 実物大で蘇った「VR戦艦大和」に乗艦してきた

    dot.

    10/28

  • 「戦艦大和」と「武蔵」には“妹”がいた! 幻の巨艦「信濃」とは!?

    「戦艦大和」と「武蔵」には“妹”がいた! 幻の巨艦「信濃」とは!?

    dot.

    3/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す