行き詰ったときは、旅に出る その効果とは? (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

行き詰ったときは、旅に出る その効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷由里子dot.#ごきげんに生きよう
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 年齢を経てますます大切なのは、毎日を機嫌よく過ごす力「ごきげん力」ではないでしょうか。

 人生いいこともあれば、悪いこともある。馬が合う人もいれば、合わない人もいる。でも、どんなときでも「ごきげん力」さえあれば、大丈夫。

 元吉本興業の名物マネージャーで、現在、「笑い」や「元気」などをテーマに年間300回ものセミナー・講演を行う大谷由里子(51歳)さんがお送りする「ごきげんに生きるために大切な習慣」。

 大人気イラストレーターの上大岡トメさんのコラボ4コマも同時連載中です!

*  *  *
 わたしは、行き詰ったら旅に出る。

 友達や夫や家族を誘って旅に出ることもあれば、ふらっとひとりで旅に出ることもある。

 ふだんとまったく違う世界に身を置くだけで、新しい考えが浮かぶこともあれば、悩んでいたことがちっぽけなことに思えることもある。

 美味しいものを食べたり、温泉に浸かったり、町歩きを楽しんだり、博物館に行ったり、ゆっくりしてみたり。

 いろんな楽しみ方をしてみる。

 旅行会社で働く友人の男性に尋ねたことがある。

「どうして、旅行会社に就職したの?」

 彼から返ってきた答え。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい