初版800部から17万部へ! 異例の大ヒットとなった自費出版本とは

シニア

2015/05/11 11:30

 大好きな「三国志」のその後はどうなったのだろうか……。そんな疑問を独学で研究した東京都狛江市の元会社員、内田重久さん(81)は、75歳のときに「一発勝負してみよう」と歴史小説『それからの三国志』(文芸社)を自費出版した。単行本と上下2巻の文庫あわせて累計17万部の大ヒットとなった。

あわせて読みたい

  • 歴ベス発表! 2013年歴史・時代小説ベスト10はこれだ

    歴ベス発表! 2013年歴史・時代小説ベスト10はこれだ

    週刊朝日

    12/27

    研究員自ら中国全土巡り発掘! 「三国志のリアルを感じてほしいから」

    研究員自ら中国全土巡り発掘! 「三国志のリアルを感じてほしいから」

    AERA

    8/29

  • 饅頭の由来はかなり怖ろしい!?「三国志」とお天気と中華まんじゅう

    饅頭の由来はかなり怖ろしい!?「三国志」とお天気と中華まんじゅう

    tenki.jp

    1/19

    すいか割りにルールがあるってホント!?

    すいか割りにルールがあるってホント!?

    tenki.jp

    8/23

  • 第9回 「桃源の誓い」の衝立 ――人口問題への入り口

    第9回 「桃源の誓い」の衝立 ――人口問題への入り口

    週刊朝日

    9/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す