「儚さ」と「情報」が魅力 「紙」のジュエリー 佐藤ミチヒロ作品展 in 台北

2013/11/29 08:49

 紙を素材にしたジュエリーを作るペーパークラフト作家・佐藤ミチヒロさんの作品展が台湾で開催されている。
 佐藤さんは関西在住で、長くドイツ・デュッセルドルフを拠点に活動してきた。今回の作品展はニューヨーク、北京に続いて、台北市内で12月1日まで開かれている。
 11月9日、作品展の初日。台北市府中のアートカフェで行われたスライドレクチャーには地元の大学生や作家、社会人など50人ほどが集まった。
「日本ではなかなかこういう場が持てないので、楽しみにしてきました」と佐藤さん。展示された作品は、紙を素材にしたペンダントやブローチ、指輪など。繊細なフォルムの中に強い個性と華やかさが香り立つようだ。
 今回の作品展は、佐藤さんが毎年審査員をつとめる「伊丹国際クラフト展」に台南大学の教授が参加したのが縁で開催が決まった。個展と合わせて、台南芸術大学でワークショップも開かれた。

あわせて読みたい

  • 廃材使ったメーカーズブーム 中心地はブルックリン

    廃材使ったメーカーズブーム 中心地はブルックリン

    AERA

    11/30

    ブログレッシヴ・ロック誕生50周年記念、紙ジャケコレクション第2弾「ブリティッシュ・ロック編」決定

    ブログレッシヴ・ロック誕生50周年記念、紙ジャケコレクション第2弾「ブリティッシュ・ロック編」決定

    Billboard JAPAN

    10/7

  • “日本語が外国語”の人が日常を生きる大変さ 温又柔の新エッセイ

    “日本語が外国語”の人が日常を生きる大変さ 温又柔の新エッセイ

    週刊朝日

    7/8

    心の闇は世界共通? 台湾で日本の“ホラー漫画”が人気

    心の闇は世界共通? 台湾で日本の“ホラー漫画”が人気

    週刊朝日

    12/21

  • 写真家・佐藤岳彦 生命世界がうねりとなって迫ってくる作品展

    写真家・佐藤岳彦 生命世界がうねりとなって迫ってくる作品展

    dot.

    1/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す