東急田園都市線の混雑率が激減、「東西線」と明暗を分けた理由

鉄道

2022/08/02 11:45

 国土交通省は7月22日、2021年度の都市鉄道の混雑率調査結果を公表した。混雑率上位の路線の顔ぶれがほとんど変わらない中、東急田園都市線、目黒線など、東急沿線の混雑率は大きく減少した。その理由と、そこから見えるアフターコロナの鉄道利用のあり方とは。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

あわせて読みたい

  • 首都圏ラッシュで混雑率199%の路線は東西線、総武線、小田急   ワーストランキング50

    首都圏ラッシュで混雑率199%の路線は東西線、総武線、小田急   ワーストランキング50

    dot.

    4/26

    小田急が通勤ラッシュ改善で1人勝ちした理由 首都圏83路線混雑率ワーストランキング50

    小田急が通勤ラッシュ改善で1人勝ちした理由 首都圏83路線混雑率ワーストランキング50

    dot.

    7/23

  • 大阪、名古屋圏の通勤ラッシュの穴場はJR 鉄道混雑率ワーストランキング

    大阪、名古屋圏の通勤ラッシュの穴場はJR 鉄道混雑率ワーストランキング

    dot.

    7/23

    遅延多い路線ランキング ワーストは半蔵門、千代田線 ベストは京急、大江戸線

    遅延多い路線ランキング ワーストは半蔵門、千代田線 ベストは京急、大江戸線

    dot.

    5/8

  • 通勤ラッシュ改善率1位は小田急線、ワーストは丸ノ内線 時差Biz効果は?

    通勤ラッシュ改善率1位は小田急線、ワーストは丸ノ内線 時差Biz効果は?

    dot.

    8/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す