【論破王】ひろゆきが「スマホ脳はヤバイ」と語るワケ (1/2) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【論破王】ひろゆきが「スマホ脳はヤバイ」と語るワケ

ひろゆき氏(撮影:榊智朗)

ひろゆき氏(撮影:榊智朗)

 現在、テレビやYouTubeで圧倒的な人気を集める、ひろゆき氏。

 20万部を突破したベストセラー『1%の努力』では、その考え方について深く掘り下げ、人生のターニングポイントでどのような判断をして、いかに彼が今のポジションを築き上げてきたのかを明らかに語った。
この記事では、ひろゆき氏に気になる質問をぶつけてみた。

■みんな「スマホネイティブ」なだけ

――ネットが当たり前のように使える「デジタルネイティブ」について、どう思いますか?

ひろゆき氏:平成生まれ以降がいわゆるデジタルネイティブの世代だと言われているんですけど、それって、「スマホに馴染んでいるだけ」なんですよね。種岡さん(インタビュアー)のまわりって、どうです?

――私が1988年生まれの世代なんですけど、パソコンが得意というより、確かにスマホが使いこなせるだけかも……

ひろゆき氏:そうですよね。パソコンスキルに関して言えば、それよりも上の、僕たちのような世代のほうが得意なんだと思います。今って、大学のレポートもスマホで書いちゃう学生が多いらしいんですね。

 というより、パソコンを家に持っていなくて、日常ではスマホを使って、いざというときだけ大学のパソコンルームを使って作業しているんですよ。

――全員ではないかもしれませんが、そういう学生も多そうですよね。

ひろゆき氏:パソコンを使いこなすより、スマホでアプリを見つけてそれで間に合わせるほうがラクですからね。そういう学生が就職した途端にパソコンスキルが必要になって慌てて勉強しているという……。会社に入って、ようやく資料作成とかプログラムを触ったりとかをするわけです。これって果たして「ネイティブ」と言えるんですかね?

 スマホって、「消費のためのデバイス」として最適なんですよね。ゲームに課金したり、サイトで衝動買いするのに便利なんですよ。スティーブ・ジョブズが自分の子にはiPhoneやiPadを与えなかった話は有名ですけど、それはやはり搾取する側ではなく搾取される側に回ってしまうおそれがあることを専門家たちは熟知していたからなんですよね。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい