たった1分見るだけで頭がよくなる勉強法 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

たった1分見るだけで頭がよくなる勉強法

山中恵美子ダイヤモンド・オンライン
写真はイメージ(GettyImages)

写真はイメージ(GettyImages)

「瞬読開始3ヵ月後、国語の偏差値が49から64に」

「3年落ち続けた中小企業診断士試験。瞬読で勉強したら一発で合格」

「1級、2回連続不合格。瞬読を使って約半年で合格」

 通常、勉強法は、型を覚えて、その型通りに勉強することで、「成績を伸ばす」「勉強効率を上げる」「目標を達成する」などを実現させます。今回、その「型」はありません。時間を決めて、本書のトレーニングを行うだけで、普段と変わらない勉強スタイルでも結果が出せます。また、トレーニングの答えを覚えたとしても、その効能は変わらないのです。どんな勉強でも、どんな教材でも、勉強前に瞬読を取り入れるだけ。今回、『たった1分見るだけで頭がよくなる瞬読式勉強法』の瞬読トレを使えば、成績アップは間違いないでしょう。瞬読トレ後の5分は、普段の20分に相当します。右脳の働きを促すので、イメージで記憶するようになり、無意識下でどんどん頭がよくなります。ただ詰め込むだけの左脳タイプの記憶では、「考える」は養われません。これからは「考える」力が重要。自分の言葉で置き換えて記憶する、これも「瞬読式勉強法」の長所です。次世代型ハイブリッドな勉強法です!

■勉強に瞬読を取り入れたら、次々と目標を達成する人が続出!

 私は、全国に30校以上を展開する学習塾を経営してきました。生徒たちの学力向上のために、さまざまな勉強法を模索するうちに生まれたのが、「瞬読」というメソッドでした。

 瞬読とは、瞬間的に、瞬く間に読む。文字通りの、本を速く読む技術の一つですが、それが瞬読のすべてではありません。

 単語や文章を一瞬で見て頭の中でイメージし、覚えた内容を書き出す。

 ただそれだけのとてもシンプルな方法にもかかわらず、驚異的なスピードで本が読めるようになり、内容も記憶に深く定着します。

 このやり方を塾の授業に取り入れてみたところ、生徒たちの成績や偏差値がどんどん上がり、次々と第一志望校に合格するようになりました。

 なかでも私がその効果を身に染みて感じたのは、私の長男の大学受験のときでした。詳しくは本書の中で紹介していますが、高校3年生の夏から、かなり遅いタイミングで受験勉強を開始し、模試の結果もすべてE判定だったのが、瞬読を利用した勉強に切り替えた結果、慶應義塾大学に合格を果たすことができたのです。

 いちばん身近で見ていたからこそ、その飛躍的な変化には心底驚きました。そして、速く読めて記憶にも残ることは、単に本を読むことだけではなく、あらゆる勉強に効果があることを実感したのです。瞬読の計り知れない力を、まさに身をもって感じた出来事でした。

 瞬読はこれまでセミナーや講座を通して約1万人の方々に指導してきました。本を速く読みたいニーズに応え、満足度は99%超を誇ります。そして、勉強の分野にこそ、瞬読は大きな力を発揮します。学生の入学試験だけでなく、社会人の資格試験や英語試験などです。これまで時間をかけても成し遂げられなかったことでも、短時間で目標を達成することが可能となるのです。

「瞬読式勉強法」は塾の教育ノウハウと瞬読スキルが掛け合わさって生まれたものです。

 点数や偏差値を重視する教育から、想像力や発想力を養う教育へと、時代は大きな転換点を迎えています。そして今、学校や塾など教育の現場でも、瞬読を取り入れる動きが始まっています。未来のスタンダードになるであろう勉強法に、ぜひ本書でいち早く触れていただきたいと思います。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい