コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小倉エージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

  • NEW

    “半歩”先ゆくマドンナ ポップスに織り込む明確な意思

    知新音故 週刊朝日

     マドンナが4年ぶりにニュー・アルバム『マダム X』を発表した。タイトルは、マドンナが10代の頃にダンスを師事したマーサ・グレアムに命名されたニック・ネーム。学校では常にイメージ、アイデンティティーを改めていたマドンナは、マーサにとってミステリアスな存在だったことに由来するという。 本作のテーマは&...

  • デビュー半世紀 サンタナは今もエネルギー全開!

    知新音故 週刊朝日

     半世紀前、ウッドストックのロック・フェスティヴァルに出演し、デビュー・アルバム『サンタナ』で聴く者たちに衝撃を与えた。そんな語り継がれるバンドが、アニヴァーサリー・イヤーの今年6月、『アフリカ・スピークス』を発表した。テーマはずばり“アフリカ”だ。 「サンタナ」のリーダー、...

  • 味わい深く響く スプリングスティーン新譜『ウエスタン・スターズ』

    知新音故 週刊朝日

     ブルース・スプリングスティーンのニュー・アルバム『ウエスタン・スターズ』が味わい深い。生ギター、ピアノとともにストリングスやホーンを起用した演奏をバックに、ブルースは穏やかな歌を披露している。 かつて『レッキング・ボール』の発表後もツアーが相次ぎ、旧作の新装再発や自伝の執筆、自伝的な内容のブロード...

  • 70年代半ば新たな絶頂期のディラン鮮明に

    知新音故 週刊朝日

     ボブ・ディラン・ファンを喜ばせるボックス・セットが発表された。CD14枚組の『ローリング・サンダー・レヴュー 1975年の記録』だ。 75年1月、ボブ・ディランが生んだ傑作『血の轍』発表後、同年10月から始まった“ローリング・サンダー・レヴュー”は、ロック史に残るイヴェント...

  • 時代を経て親しまれるアリスの代表曲! ツアー演奏曲収録の新譜

    知新音故 週刊朝日

     『ALICE AGAIN 2019-2020 限りなき挑戦―OPEN GATE―』として巡演しているアリスの東京公演を見た(6月6日、日本武道館)。 谷村新司、堀内孝雄がアリスを結成したのは1971年。「走っておいで恋人よ」でデビューし、矢沢透が加わったのは72年。デビュー当初は芽が出なかったもの...