コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小倉エージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

  • NEW

    Charaに3人目の子!? 新譜で示した“妊婦のおなか”

    知新音故 週刊朝日

     アフロ・ヘアに真っ赤なルージュ。見る者をジロリとにらみつけるCharaの新作『Baby Bump』のカヴァー写真に思わずドキリ! 今年でデビュー28年、51歳。ハスキーなウィスパー・ヴォイスによる切ないバラード・アルバムかと思いきや、ダンス・ミュージックが満載。予想を見事に裏切られた。 Chara...

  • 『君の名は。』で名を上げたRADWIMPSの強力新譜!

    知新音故 週刊朝日

     野田洋次郎率いるRADWIMPSが2年ぶりにニュー・アルバム『ANTI ANTI GENERATION』を発表した。音楽的な幅を広げ、果敢でたくましい姿勢を鮮明にした力作だ。 話題のシングル「サイハテアイニ/洗脳」をはじめ、昨年のフジテレビ系のサッカーのテーマ曲となった「カタルシスト」、映画『空海...

  • 「ふたりぼっち」どころじゃない! 矢野顕子の新作にあんな人もこんな人も!

    知新音故 週刊朝日

     矢野顕子のニュー・アルバム『ふたりぼっちで行こう』が楽しい。8人のミュージシャン、3組のグループとのコラボレーションだ。過去に共演した面々だけでなく、初の顔合わせも。内容も、オリジナルの新曲、ライヴのみで未録音だった曲、カヴァー曲など盛りだくさんだ。 矢野はこれまでも数多くのミュージシャンとレコー...

  • 在日ファンクが身につけたアダルトな表現手法

    知新音故 週刊朝日

     主題歌が流れるたびに「ヤボったくて、あか抜けしない歌だ」とブツクサ言ってしまう。NHKの朝ドラ『まんぷく』。それでも私、結構見ちゃってる。  主演の安藤サクラ、松坂慶子、松下奈緒といった女優陣、要潤、桐谷健太、大谷亮平らに若き塩軍団を加えた男優たちはそれぞれ個性的だ。 浜野謙太には大いに笑った。白...

  • 感情むき出しで絶唱するジャニス・ジョプリンが圧巻すぎる!

    知新音故 週刊朝日

     前々回のビートルズ、前回のジミヘンに続き、またまた50周年記念盤を採り上げたい。実際、1968年はロック史に残る名盤が数多く生まれた年だった。ザ・ローリング・ストーンズの『ベガーズ・バンケット』、ザ・ドアーズの『太陽を待ちながら』、ザ・キンクスの『ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエテ...