コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

延江浩

このエントリーをはてなブックマークに追加
延江浩

延江浩

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

  • NEW

    SNSの写真とは違う魅力 映画が物語る“モノクローム写真の威力”

    RADIO PA PA 週刊朝日

     TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。今回は、映画『この世界に残されて』について。*  *  * この映画には二人の主人公が登場する。それは42歳の婦人科医アルドと少女クララ。ナチス・ドイツのホロコーストを生き残った者同士である。「古...

  • ラジオマンが語るコロナ小説の舞台裏 モデルは現役プロデューサー

    RADIO PA PA 週刊朝日

     TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。今回は、新型コロナウイルスに感染したプロデューサーをモデルにしたラジオノベルについて。*  *  * 同じチームで番組を作ってきたプロデューサーが新型コロナウイルスに感染したのが昨年4月。緊急入院...

  • 「師走は世を去った人が訪ねてくる気がする」ラジオマン・延江浩の思い

    RADIO PA PA 週刊朝日

     TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。今回は、師走について。*  *  * 7年前の大晦日、音楽プロデューサーの松任谷正隆さんをパーソナリティに年末年始特番を企画したときのことだ。 年をまたぐ前日に大瀧詠一さんが亡くなり、放送当日の打...

  • 腹黒さが痛快な韓国ドラマは『補佐官』 政治の世界を知るラジオマンが推薦

    RADIO PA PA 週刊朝日

     TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。今回は、韓国ドラマ『補佐官─世界を動かす人々』について。*  *  * 自民党総裁選をテーマにした情報ワイドで、「政治は政策より『人情』で動く」と評論家が解説していたが、韓国ドラマ『補佐官─世界を...

  • 猫と言えば、村上春樹! ラジオに気紛れに顔を出す「猫山さん」

    RADIO PA PA 週刊朝日

     TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。今回は、村上春樹さんのラジオ番組について。*  *  * 松田龍平演じる辞書編集者が主人公の映画『舟を編む』に単語カードが出てくる場面がある。そこに「愛猫(あいびょう)」という言葉があった。映画の...

おすすめの記事おすすめの記事