コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松本秀男

このエントリーをはてなブックマークに追加
松本秀男

松本秀男

松本秀男(まつもとひでお)/医師。専門はスポーツ医学。1954年生まれ。東京都出身。1978年、慶応義塾大学医学部卒。2009年から2019年3月まで、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター診療部長、教授。トップアスリートも含め多くのアスリートたちの選手生命を救ってきた。日本臨床スポーツ医学会理事長、日本スポーツ医学財団理事長。

  • NEW

    スポーツのルール変更にもつながるウェア、シューズの驚く科学的進化

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     スポーツでは競技ごとに、さまざまなウェアやシューズを着用します。最近は、スポーツ科学の研究成果を結集した高性能なウェアやシューズが開発され、選手たちの競技力向上をサポートしています。また一般向けにも、動きやすく通気性や保温性に優れたウェアやシューズが売り出され、より快適にスポーツを楽しめるようにな...

  • 中学・高校生がスポーツ障害で手術するのはおおげさ? 親が知っておくべきことは?

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     中高生の子どもたちの多くが、勉強と並んで部活動に打ち込んでいます。運動系の部活動では、まだ骨が軟らかい成長期にある子どもたちが、ときに練習や試合でからだに無理をかけすぎて「スポーツ障害」に苦しんでいます。なかには、「野球肘(ひじ)」やひざの「前十字靱帯(ぜんじゅうじじんたい)断裂」のように、手術が...

  • スポーツを始める高齢者が増加 予防が期待できる二つの病気は?

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     高齢者にとって、いつまでも健康なからだを維持することは共通の願いといえるでしょう。将来寝たきりになってしまう原因として、ロコモティブ症候群やメタボリック症候群などがあります。その予防・治療のために、スポーツを始める高齢者が増えています。高齢者がスポーツを楽しみながら長く続けるにはどんな注意が必要な...

  • 心臓発作による突然死は、スポーツ中に起きやすい! 「心臓震盪」にも注意

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     心臓発作による突然死は、ごくまれにしか起こりません。しかし、スポーツ中またはその後は、安静時に比べて発生率が増加することが知られています。スポーツは心臓にどのような影響を与えるのか、また運動にともなう突然死を防止するために何をすればよいのか、日本スポーツ医学財団理事長の松本秀男医師に教えてもらいま...

  • 「成長痛」は放置してはいけない! スポーツのやり過ぎで軟骨に障害の恐れ

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     スポーツのやり過ぎで起こるスポーツ障害は、からだが未成熟な子どもにも発症します。くり返す痛みで思い切りスポーツができないことは、子どもにとっても親にとっても大きな悩みです。成長期のスポーツ少年・少女に起こりやすい「オスグッド病」を中心に、その予防、治療、注意点について、日本スポーツ医学財団理事長の...

おすすめの記事おすすめの記事