コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松本秀男

このエントリーをはてなブックマークに追加
松本秀男

松本秀男

松本秀男(まつもとひでお)/医師。専門はスポーツ医学。1954年生まれ。東京都出身。1978年、慶応義塾大学医学部卒。2009年から2019年3月まで、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター診療部長、教授。トップアスリートも含め多くのアスリートたちの選手生命を救ってきた。日本臨床スポーツ医学会理事長、日本スポーツ医学財団理事長。

  • NEW

    「スポーツ栄養学」はいまやスポーツ界の常識?  取り入れて成功したチームとは?

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     スポーツ科学研究の進歩にともなって、最近はスポーツ栄養学の研究が盛んにおこなわれるようになりました。アスリートの活躍には、身体の強化や疲労の回復、より高いパフォーマンスの発揮を目的とした「食事・栄養」への取り組みが欠かせないことが、いまやスポーツ界の常識となっています。種目ごとの特性の違いに合わせ...

  • 五輪1年延期でアスリートへの影響は? スポーツ医が指摘する精神面のサポート

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京オリンピック・パラリンピックは1年延期されることが決まりました。今夏の大舞台に照準を合わせてきたアスリートたちに衝撃が走りましたが、スポーツ医学的にはどのような影響があるのでしょうか。大会における医学面でのバックアップ体制の見直し、アスリートたちの医学的サポ...

  • 靱帯断裂、アキレス腱断裂…スポーツしないなら手術不要ってホント? 医師の答えは

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     スポーツのけがで身近なものに、ひざの「前十字靱帯(ぜんじゅうじじんたい)断裂」や足首の「アキレス腱断裂」があります。足を使うスポーツ選手にとって、靱帯や腱の断裂は「致命傷」。切れたところをつなぐ手術をして早期復帰を目指すのが当たり前かと思いきや、手術をしない保存療法で治す場合もあるといいます。どん...

  • プロスポーツ選手が手術を受けるとき、執刀医はどう選ばれる?「名医」はどんな医師?

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     一流プロスポーツ選手であっても、ときに予期せぬ大けがにより戦線離脱を余儀なくされることがあります。しかし最近では、手術をしてみごと復帰を果たし、再び活躍する選手が珍しくありません。では、プロスポーツ選手が手術を受けることになったとき、執刀医はどのように選ばれているのでしょうか? 選手の早期復帰を可...

  • 医師の中でも花形職業のスポーツドクター 「買い手市場」で収入は?

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     スポーツ競技の最中に、選手がけがや病気で倒れると、即座に駆けつけて状態を的確に見きわめるスポーツドクター。そんな姿にあこがれて、スポーツドクターを目指す人が少なくないそうです。ですが、スポーツドクターの出番となる試合や大会は、いつもあるわけではありません。競技がないとき、スポーツドクターたちは何を...

おすすめの記事おすすめの記事