コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

福岡伸一

このエントリーをはてなブックマークに追加
福岡伸一

福岡伸一

福岡伸一(ふくおか・しんいち)/生物学者。青山学院大学教授、米国ロックフェラー大学客員教授。1959年東京都生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部研究員、京都大学助教授を経て現職。著書『生物と無生物のあいだ』はサントリー学芸賞を受賞。『動的平衡』『ナチュラリスト―生命を愛でる人―』『フェルメール 隠された次元』、訳書『ドリトル先生航海記』ほか。

  • NEW

    生物学者・福岡伸一がノーベル賞を予想! 日本人候補者はやはり「京大強し」?

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が取り上げ、その意味や背景を解説していきます。*  *  * コロナ禍による陰鬱な日々が続くが、今年もノーベル賞発表のシーズンが巡ってきた。ちなみに、新型コロナウイルス検査法のPCR技術、および、抗原・抗体検査に利用されるモノクローナル抗体作成技術の...

  • 福岡伸一「日本のコロナ水際防疫作戦はすばらしい。だが街中には油断が…」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が取り上げ、その意味や背景を解説していきます。*  *  * ニューヨーク市の新型コロナウイルス感染者数の推移はベルカーブを描いて急速に低下し、収束に向かっている。4月には連日1日数千人規模の感染者を記録したが、今は200人規模で推移している。 市の...

  • 福岡伸一「その人に免疫があるかどうかを検査することが原理的に難しい理由」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。今回は「抗体検査」について取り上げます。*  *  * 粘膜に存在するウイルスのRNAを検出したり(いわゆるRT-PCR法)、尿中の絨毛性(じゅうもうせい)ゴナドトロピンを検出したり(妊娠チェッカ...

  • 福岡伸一「ニューヨークのコロナ対策は、なぜわかりやすいのか」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。今回は「PCR検査」について取り上げます。*  *  * 新型コロナウイルスのアウトブレイクが勃発した今年3月、客員教授をしているニューヨークのロックフェラー大学を訪問していた私は、そのまま都市ロ...

  • 福岡伸一「コロナ対策での抗体検査の問題点はキットの信頼性」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。今回は「抗原」と「抗体」について取り上げます。*  *  * 新型コロナウイルス対策のひとつに「抗体検査」がある。抗体の有無を調べることによって、人口あたりどれくらいの人がウイルスと感染したかどう...

おすすめの記事おすすめの記事