コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 福岡伸一 福岡伸一の新・生命探検

福岡伸一

このエントリーをはてなブックマークに追加
福岡伸一

福岡伸一

福岡伸一(ふくおか・しんいち)/生物学者。青山学院大学教授、米国ロックフェラー大学客員教授。1959年東京都生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部研究員、京都大学助教授を経て現職。著書『生物と無生物のあいだ』はサントリー学芸賞を受賞。『動的平衡』『ナチュラリスト―生命を愛でる人―』『フェルメール 隠された次元』、訳書『ドリトル先生航海記』ほか。

  • NEW

    2025年大阪万博の目玉は「リュウグウの石」にすべき理由

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。*  *  * 1970年の大阪万博(EXPO70)の光景を憶えている人は、だんだん減ってきているのではないだろうか。私は当時、小学校5年生、鮮烈な印象がある。 60年代の学生運動の波には間に合わ...

  • 異例だった今年のノーベル物理学賞 福岡伸一「地球外生命体の存在という夢に」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。*  *  * 今年のノーベル物理学賞は、米プリンストン大のジェームズ・ピーブルス名誉教授(84)と、太陽系の外の惑星を初めて発見したスイス・ジュネーブ大のミシェル・マイヨール名誉教授(77)、デ...

  • 福岡伸一が指摘するノーベル賞の冷徹な現実 「ポスドクの貢献は対象にならない」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回ひとつ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。*  *  * 前回に引き続き、2019年のノーベル賞選考発表について考えてみたい。「ポスドク」はノーベル賞をもらえない。これはノーベル賞の不文律のようなもの。ポスドクとは、ポストドクトラル・フ...

  • 福岡伸一がノーベル賞を総括 医学生理学賞「驚くべき精妙なメカニズムの発見」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回ひとつ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。*  *  * 今年のノーベル賞発表が終わった。総括してみよう。 まず自己総括すると、わたしの予想(ゲノム編集技術)はあっけなくハズレ。医学生理学賞は細胞の酸素センサー機構の解明、物理学賞は宇宙...

  • ノーベル賞有力候補「ゲノム編集技術」 最初の発見は30年ほど前の日本人研究者だった

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回ひとつ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。*  *  * 今年もノーベル賞の季節。某新聞社から発表時の解説要員として待機を命じられている。わたしも若い頃にもう少し真面目に研究に邁進していれば、ひょっとするともらう側にいられたかもしれない...

おすすめの記事おすすめの記事