(3ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

延江浩

このエントリーをはてなブックマークに追加
延江浩

延江浩

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

  • 受賞作の読み方がわからない…ラジオマン「芥川賞・直木賞」の思い出

    RADIO PA PA 週刊朝日

     TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。今回は、過去に経験した芥川賞・直木賞の取材について。*  *  * 周知のように、第163回芥川賞・直木賞の受賞作が決まった。芥川賞は高山羽根子さんと遠野遥さんの二人、直木賞は馳星周さんだった。 ...

  • 韓国俳優は“北朝鮮人役”をやって一人前? 韓国映画の事情通に聞く

    RADIO PA PA 週刊朝日

     TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。今回は韓国映画事情について。*  *  * 僕の勤めるラジオ局でも、本誌の表紙やグラビアを飾ったヒョンビンの話題でもちきりだ。「ステイホームも『愛の不時着』があったからこそ乗り切れた」「何度も繰り...

  • 長塚圭史、山内圭哉らのオンライン配信に「演劇人の不屈な心意気」

    RADIO PA PA 週刊朝日

     TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。今回は、コロナに負けない演劇人たちについて。*  *  * 東京には小劇場から大劇場まで多くの劇場が集中している。「いま、ここにしかない」つながりを求めて観客は劇場に通う。俳優は舞台で抱き合い、叫...

  • サザン・桑田佳祐「客席を見ると泣いてしまう…」無観客ライブを振り返る

    RADIO PA PA 週刊朝日

     TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。今回は、無観客配信ライブを行ったサザンオールスターズについて。*  *  * 新型コロナウイルス感染が確認されてから、季節の移ろいを感じることができず、寂しさの募る半年間だった。でも、ここへ来て初...

  • 自死した加藤和彦さんをしのび…ラジオマン、“精神科医”きたやまおさむと語らう

    RADIO PA PA 週刊朝日

     TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。今回は、歌手であり精神科医でもある、きたやまおさむさんとの語らいについて。*  *  * 新型ウイルス感染が中国で確認されてから半年、「ソーシャルディスタンス」「3密」「自粛警察」と新しい言葉が次...

おすすめの記事おすすめの記事