山田洋文〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山田洋文

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田洋文

山田洋文

山田洋文(やまだ・ひろふみ)/1975年生まれ、京都府出身。教育家。神戸大学経済学部卒。独立系SIerのシステムエンジニアを経て、オルタナティブスクール教員に。2016年4月、京都市内でプロジェクト学習に特化した探究塾の探究堂(http://tanqdo.jp/)を開校。探究堂代表、認定NPO法人東京コミュニティスクール理事。

  • NEW

    金魚すくいの「ポイ」はなぜすぐ破れるのか? 小4が執念で重ねた4カ月間の大実験

    探究堂日記 AERA

     探究堂には自分が興味・関心のあることをテーマに設定し、個人プロジェクトとしてそのテーマをとことん追究する授業が存在します。「マイプロジェクト」を略して「まいぷろ」と名付けたこのクラスは昨年秋に実験的にスタートしました。 既にいくつものプロジェクトが実施されてきましたが、今回はこれまでで最も思い出深...

  • 「昼間に魚が釣れにくいのはなぜ?」 小さな研究者が編み出した実験方法とは

    探究堂日記 AERA

     探究堂では、クラスの仲間たちと試行錯誤して取り組む「プロジェクト学習」がカリキュラムの中心です。自分一人では思いつかない発想が生み出される瞬間を体感してもらいたいと考えているからです。 一方で、探究堂には自分が興味・関心のあることをテーマに設定し、個人プロジェクトとしてそのテーマをとことん追究する...

  • 駄菓子屋出店で子どもたちがつかんだ「商売の極意」 笑顔・品ぞろえ・そして……? 

    探究堂日記 AERA

     ゴールデンウィークの2日間の駄菓子屋出店はなかなかの盛り上がりを見せました。中学年クラス(小学3・4年生)が春先から取り組んできた「商いプロジェクト」も終盤を迎えます。 小さな商人たちを待ち構える最後の大仕事、それは収支の決算です。「総売上高を計算するには1日目と2日目の売り上げを足せば良いってこ...

  • 安すぎるコロッケ、宙に浮かぶ巨大魚…… 京都・出町商店街のナゾを子どもたちが探究

    探究堂日記 AERA

     昭和の雰囲気を残した昔ながらの地域の台所である「出町商店街」。教室からほど近くにあるこの商店街が、今期低学年クラス(小学1・2年生)が取り組む探検プロジェクトの舞台です。「『商店街』という言葉を聞いて、頭に思い浮かんだことを教えてくれへん?」そんな私の投げかけから授業はスタートしました。「たくさん...

  • 探究堂の子どもたちが駄菓子屋を開店! もじもじしていた男の子に起きた劇的な変化

    探究堂日記 AERA

     ゴールデンウィーク初日だった土曜日の午後。探究堂は駄菓子屋に変身しました。子どもたちは商品を陳列したり、値札を貼ったり、看板を設置したりと開店作業で大忙し。普段は教室として利用しているイベントスペースが、みるみるうちにお店に姿を変えていきます。 今日は4月から中学年クラス(小学校3、4年生)が準備...